サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 母と娘 ―ふたつの秘悦―
  4. 母と娘 ―ふたつの秘悦―のレビュー

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

電子書籍

母と娘 ―ふたつの秘悦― みんなのレビュー

  • 霧原一輝(著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本母と娘 ふたつの秘悦 書き下ろし長編官能小説

2010/11/02 23:14

多人数ヒロインながらバランスの良さが好印象

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

霧原作品としてはかなり甘いストーリーではなかろうか。早期退社して料理店を開いた56歳の熟年主人公こそ定番的設定ながら、下心を出すでもない実直な性格である。それに何より女性陣が揃いも揃って主人公に心を預けていく展開であり、猛烈な想いを寄せていくヒロインまでいる。4人もの多人数ヒロインながらメインとサブにきっちり分かれ、その立ち位置とバランスが良好に配されたことで、様々な要素を盛り込んだドラマが心地良く流れていく秀作に仕上がったと思う。

本作の肝である「母と娘」のダブルメインヒロインでは、息子の嫁と主人公に背景を持たせてストーリーの土台としている。また、嫁と夫(主人公の息子)の夫婦仲にも、以降の展開に奥行きをもたらす設定があり、複雑な境遇と悩ましい想いを有することになった嫁と、シンプルに主人公達との同居に至った嫁の母との対比がなされている。主人公との距離を次第に縮めていく母に内心嫉妬する嫁が可愛らしいが、そこに秘められた情念の深さが官能シーンで発現する。嫁は「ボタンの掛け違い」を未練たっぷりに後悔しているのである。対する母との交わりには清楚ないやらしさがある。貞淑に恥じらう初々しさがある反面、シチュエーションや責められ方には妖艶さもある。奥ゆかしく清らかな母と、ある意味ドロドロな嫁(娘)という、一般的なイメージとは異なる設定と展開もまた興味深い。

これら本線に対し、料理店の女性シェフや雑誌の女性記者といったサブヒロインとは実質的な一夜の関係にして無用な交錯や衝突を避けている。仕事や彼氏に対する悩みを解消する癒しと慰めの情交であり、代わりに料理店立て直しのサブストーリーに活躍の場を与えている。

こうした女性達の想いや悩み、葛藤を受け止めていく情交が、母娘丼や複数人プレイがあるでも、(アオザイの着衣合体は格別として)玩具を用いるでもなく、心と体を通わせる合体場面だけで計7度も描かれているのは素晴らしい。そのどれもが濃密で、体位も、その変化もイメージしやすく、興奮度の高い描写が冴えている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示