サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「明日をちょっと楽しく生きる本」ポイント5倍キャンペーン(~2/14)

電子書籍

王太子殿下と秘密の貴婦人 みんなのレビュー

  • 白石まと, みずきたつ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

電子書籍王太子殿下と秘密の貴婦人

2016/03/17 14:56

総じて大当たり。

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

カリィ公爵夫人シャルロットの夫は、32歳年上のリチャード。
シャルロットは12歳で両親を亡くし、16歳で結婚した時には、財産と実家の男爵家を、全て伯父夫婦に乗っ取られ、虐待されてやせっぽちの少女だった。
リチャードに庇護され、希望した大学で半年間学ぶことを許されたシャルロットは、男装して大学生活を送る。
そこで出会って、少年として交友を深めあった第三王子フランシスは、夫リチャードの甥。
約束の半年間が過ぎ、黙って大学を去った2年後、シャルロットと、王太子となったフランシスは、叔母と甥として再会する。
心臓の病を抱えていたリチャードが逝き、悲しみの癒えないシャルロットに、フランシスは大学で出会った少年が忘れられないと打ち明ける。
国王として妻を娶る日のために、女性を愛する必要があると、シャルロットを求めてくるフランシス。
彼の性的指向の原因は自分のせいだからと、受け止めるシャルロット。
叔母と甥の、許されない関係は王室の公然の秘密として秘めやかに続けられていく。

最近の白石まとさんの作品の行間には、いっぱい人生のいろんな機微がつまっていて、読む度にピリピリと心のいろんな部分に触れてきます。
まとさんが円熟されたのか、私がそれなりの年齢になって、読み取れるようになったのか。
どっちもかもしれません。
もちろん、行間を読まなくても、巧みな進行でぐぐっと作品に引き込まれます。

賢く、くるくると考えを回すシャルロット。
でも可愛い勘違いと、フランシスとの気持ちのすれ違いに、ジレジレはしないのですが、シリアスな進行だけになんとなくクスっと楽しくなってしまったりします。
ズブズブの濃厚なエロも、言葉選びが巧みなので、こんなにズブズブなのに、下品でなくとっても濃厚でエロいです。
ずっとドキドキきゅんきゅんしっぱなしでした。

リチャード様が本当に素敵で、年の差夫と若妻ヒロイン&本命ヒーローのパターンで、こんなに素敵な男性にお会いできるなんて思いませんでした。
あんな人が相手じゃフランシスも嫉妬に狂うのは当たり前ですね。
公爵家のための求婚者として登場するバートンも、男性らしくて可愛いタイプですっごく新鮮でした。
インスラット夫人も素敵。
総じて大当たり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍王太子殿下と秘密の貴婦人

2018/05/07 23:21

無知は怖いと、男装をして大学で学ぶ。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Nonn - この投稿者のレビュー一覧を見る

TLなのに奥が深いお話しでした。無知は怖いとの言葉は衝撃でした。向上心があれば、どの世でも生きて行けそうです♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍王太子殿下と秘密の貴婦人

2018/12/08 00:43

素晴らしい作品です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あじらのうず玉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

白石まと先生の作品、初めて読みました。
初読みということもあり、何も期待せず読みましたが、素晴らしかったです。

登場人物も生き生きとしていて、ストーリーも練られており、
長さを感じさせず読み応えたっぷりの作品です。
ヒロインのシャルロットもヒーローのフランシスも、
読み進んでいくうちに、どんどん人としても力強くて素晴らしく思えてきます。
そんな二人の恋の成就を、全力で応援したくなります。

と、お話は文句のつけようがないんですが、
私個人の好みの問題なのですが、挿し絵がちょっと…。
なんというか、可愛らしい感じはあるのですが、
子どもっぽいというか、昭和感があるというか、一昔前の少女漫画的な感じで、
芯が強くて魅力的な登場人物のイメージとはほど違い。

読み進んで盛り上がってきて挿し絵のページになると、一気にトーンダウンしてしまいました。
挿し絵もその作品の世界観を表現する重要な要素だと思っているので、★マイナス1です。
この挿し絵なら、むしろ無い方が良かった。
表紙はキレイで素敵なだけに、非常に残念です。

ただし、それでもお話の素晴らしさは変わりません。
もし購入を迷っている方は、是非一度、読んでみることをお薦めします。
絶対満足するはずです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。