サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1217-20)

12時 修正:20%OFFクーポン(1217-20)

電子書籍

溺愛偽婚 新妻は淫らに乱され みんなのレビュー

  • すずね凜, ウエハラ蜂
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

電子書籍溺愛偽婚 新妻は淫らに乱され

2016/05/17 18:36

意地っ張り同士にきゅんきゅんします。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

どの作品を読んでもハズレなしのアベレージ。
エロは甘くてロマンチック、けれど時に退屈になっちゃう傾向ありのすずねさんの作品ですが、今回は、飽きずにきゅんきゅんさせてくれて楽しかったです。
ヒロインが可愛いと、やっぱりより楽しく読めますね。

突然の両国の国王の死で、両国の後継者同士の結婚をもって併合することになった、アルランド国とイムル国。
イムル国の王女クリスティーナは、アルランド王太子のオズワルドには、小さい頃から会う度にからかわれ、虐められていた。
父王達の死で、突然結婚することになったオズワルドは、男神のように美しく成長していて心を奪われるが、相変わらず尊大で、彼女をからかって虐めてばかりいる。
迎えた初夜、怯えるクリスティーナのために、見届け人を部屋から追い出したオズワルドは、情熱的に彼女を求めてくる。
朝に夕にとオズワルドに乱され、官能を開かれていくクリスティーナ。
彼に惹かれてやまない自分を自覚しつつも、尊大に彼女をからかうばかりの彼に、素直になれず反発してばかりのクリスティーナ。
そんな二人のハネムーンの客船でのクルーズで、湖で溺れていた青年を助ける。
記憶を失った彼を、レイクと呼んで、侍従として側におくことになるが…

気位が高くて意地っ張りのクリスティーナですが、素直になれないあたりも、すごく可愛かったです。
ツンデレ同士といおうか、デレツン同士というか、似たもの同士の二人で、オズワルドもクリスティーナをがつがつと求めながらも、真面目に愛を告げることができず、尊大に彼女をからかってばかり。
かなりな分量を占めるエロも、そのシチュエーションに乗っかって進行するので、二人のやりとりにきゅんとしつつ、飽きずに楽しめました。
物語のキーパーソンのレイクも、当て馬なのかと思いきやただの当て馬にも終わらず、予想のできるストーリーではありましたが、ちゃんと全ての伏線を回収し、最後まで楽しめました。

エロは甘くて情熱的なシチュエーションですが、すずねさんには珍しく後ろ本番があったのでちょっとびっくり。
いろいろ挑戦ですよね、ぐっじょぶですが、苦手な方はご注意です。
ウエハラ蜂さんのオズワルドが、作品のオズワルドとまさにイメージぴったり。
尊大で意地悪でエロくて、そして意地っ張りで、素敵でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本溺愛偽婚 新妻は淫らに乱され

2016/02/28 23:56

安定の

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナイロンスカートさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

えろいし、お話の立て方も設定も良いので個人的には好き。
気持ちよくサックリ読めるのでお勧めですよ。

別にお話も無理ないし、安心して読めます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍溺愛偽婚 新妻は淫らに乱され

2017/02/28 21:23

サクッと

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:avara - この投稿者のレビュー一覧を見る

ツンデレ×ツンデレとある通り、ツンとツンがデレデレになるまでのお話。
意表を突いた展開はなく、深読みしなければ!?かなり予想通りの展開で終わりますが、ふたりのツンツンに楽しくハマり何処に落とし所がくるんだろう?と思いながらサクッと読める作品です。

ここまで愚鈍に自分の恋心に気付かないものだろうか…???と思わせるヒロインながらも、身体の繋がりの時だけでも素直なヒロインをもっともっと!と溺れさせようとするヒーローとのエロはたっぷりでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。