サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

厳選コミックセット25%OFF(~5/27)

電子書籍

ドラッカー名著集7 断絶の時代 みんなのレビュー

  • P.F.ドラッカー (著), 上田惇生 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本断絶の時代

2008/12/23 20:39

断絶の日々

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kc1027 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書はトロッコである。
前書きでドラッカー先生はそう語る。
未来はゲリラ戦であり、予期せぬことが走行を脱線させる。
トロッコは後続の列車のためにレール下の地雷を見つけるので
本書はゲリラ戦である未来において活躍する、という意味。
村上龍の『5分後の世界』に出てきそうなイントロだ。


本書が語る断絶は4つ。
1.新技術・新産業が生まれる。同時に今日の重要産業が陳腐化する。
2.世界経済が変わる。世界はひとつの市場となり、グローバルな
ショッピングセンターとなる。
3.社会と政治が変わる。いずれも多元化する。
4.最も重要なこととして、知識の性格が変わる。


2008年を毎日それなりに仕事していれば、解説の必要はないでしょう。
これが全て最初の3ページに書いてある。さらに4ページ目にはこうある。
「本書は趨勢を予測しない。非連続の断絶を見る。明日を予測はしない。
今日を見る。明日はどうなるかを問わない。明日のためにどう
取り組むかを問う。」


これが書かれたのはなんと1968年。それから40年。
ドラッカー先生曰く、断絶の時代は1960年代より緩やかに始まり、
60年余り続く。つまり今は2020年まで続く断絶の時代の最終局面に
あたるわけだ。私は気になることが書いてあると、ページの端を折る
ようにしているのだが、折ってある部分が多すぎて引用も解釈も
し切れない。ただ読んでひとまず飲み込んでみることが本書の最良の
読み方のように思える。


すでにあらゆるところで言及されているように、世界の中心は
知識へと移行している。金融資本主義が崩壊しても金融が亡くなる
わけではなく、自動車産業が没落しても生産活動がなくなるわけでも
なく、ましてや組織がなくなるわけでもなく、逆に組織を通じて
生産的であることが益々重要性を増してくるわけだが、その中心には
知識がある。知識とは詰まるところ、いまニンゲンと呼ばれている
ものの脳の中にある。それはいまはニンゲンだけが持っているように
思われている。もし仮にあらゆることに断絶があるなら、ニンゲンの
断絶がないと、どうして言い切れる?


最初に前書きを取り上げたので、書評としては反則かもしれないが
最後は後書きの一部で締めよう。
「もし人類が存続しえないのであれば、本書の関心事も人類とともに
消える。しかし、もし存続しうるのであれば、本書の関心事はわれわれに
とっての課題となる。
 それは平凡な課題である。新しいアダムのための衣装のデザインでは
なく、文明の織物の繕いという課題である。それは今日の課題であって、
明日の課題ではない。」


われわれはどうやら、ニンゲンの文明が引き裂かれんばかりの断絶の
日々を生きているらしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示