サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

新規:予約キャンペーン(1116-30)

電子書籍

産業人の未来 みんなのレビュー

  • P・F・ドラッカー, 上田惇生
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本産業人の未来

2009/09/20 12:41

自由とは、不完全な人間が選択する責任である。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kc1027 - この投稿者のレビュー一覧を見る

絶望やら熱狂の中にあってその先に現れる世界を予見するには、
それまでの歴史という事象に対する洞察だけでなく、人間という生物への
理解、そして人間が生きていく上で欠かせない言葉というものの本質に
分け入っていかないと何を語ればいいのか見出せない。


1942年、まだアメリカがヨーロッパ戦線に参入する前に書かれた本書は、
ドラッカー32歳のときの渾身の1冊で、その後のドラッカーの仕事の基盤を
為し、戦後社会のあるべき姿を支えた1冊であると言っていいと思う。


社会が機能するには、一人ひとりが「位置」と「役割」を与えられ、権力が
正統性を持たなければならない。これが本書の中心的なメッセージだ。
個人にとって、社会に位置と役割がなければ、社会はないも同然。
そして失業という社会的疎外は、経済的な救済では癒されない。
ドラッカーがこの後、産業社会の発展のために企業という人間組織に
分け入っていく問題意識がここにある。企業は利益を出すことが目的では
なく、人間に位置と役割を与えるために必要な存在なのだ。


そして産業社会は発展した。発展しすぎたといってもいい。
では、今の社会に必要な選択とは何なのか。


本書の白眉は第6章。
自由というものの本質を取り上げているこの章には、こんな言葉がある。
「自由とは責任を伴う選択である。」
あるいは自由をこんな風にも言っている。
「自由とは人間自らの弱みに由来する強みである。自由とは真理の存在を
前提とした懐疑である。」


完全ではない人間が、完全ではないが故に希求すべきもの、それが自由。
ともすれば自由を捨てて絶対的なものの庇護を求める弱い人間の存在を
認めながら、絶対的なものがないからこそ、責任を持つために自由が必要。
今の社会に必要なものを選択するのは不完全なわたしたち。


産業社会が最初にはじけたわたしたちの使命は、産業資本主義社会を
再構築するために、一人ひとりに位置と役割を与えられるような生活、
労働、消費、そして投票を、自らの足場で継続的に行うことである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示