サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

12時 修正:20%OFFクーポン(0521-24)

電子書籍

ドラッカー名著集12 傍観者の時代 みんなのレビュー

  • P.F.ドラッカー (著), 上田惇生 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本傍観者の時代

2010/06/17 14:32

「マネジメントの神様」になるまで。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソネアキラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は、ビジネス書ではなく自伝。ということで食指が動いた。日経新聞の「私の履歴書」のようなもの。考えてみれば、ぼくはかなりの自伝好きだ。人は誰でも自分史、自分の生きてきた道程をテーマに一作は小説なり、ノンフィクションが書けるそうだが。そこは、ドラッカー。幼少期に出会ったフロイトからマクルーハンまで有名・無名に関わらず、クセのある個性的な人物が出てくる。作者の「心を打った人を登場させた」そうな。印象に残ったところをつらつらと書き出してみる。

まずは第一次世界大戦後のウィーン。二人の恩師から、悪筆を徹底的に直される。この件は、微笑ましくも大切な基本だと思う。

「教師には二種類ある。一方は教える才能をもつ天賦の教師であり、もう一方は生徒自身に学ぶべきことをプログラムさせる学習指導者である」

作者の故郷である当時のウィーンはウィーン学団に代表されるように、知のカンブリア期状態で才能ある人々が爆発、輩出していた。で、「八歳のときに」フロイトに会う。当時最先端だった、もしくは異端とみなされていた精神分析の開祖。実際のところは、「差別、無視」もなく「裕福」だったと。これは意外だった。ポランニー家との交流も。

ナチスから逃れるべく渡米する。作者はその頃のアメリカを「お人好しの時代のアメリカ」と称している。とにかく「仕事探し」から住まい探しまで見知らぬ人間のために骨を折る。
「不況時のアメリカ」「人に賭けてみようという気持ちも本物だった」。

彼はアメリカという新しい国を傍観する。しかし、「日本が真珠湾を攻撃した」ことにより、「お人好し」は終焉となる。怒れる大魔神。アメリカのこの相反する二面性は、いまなお存在している。キッシンジャーの師やGMの経営者との交流も。

マクルーハンとは「一九四0年頃」に「出会う」。「ひょろりと高く痩せていた」「いたって平凡に見えた英語教師」だったマクルーハンが
「グーテンベルクの新しいテクノロジー-活版印刷-が、教授法と表現法だけでなく教授内容まで変えたために、近代大学が生まれたと論じた」
「活版印刷は知識とすべきものを規定したのです」それは、後年の「メディアはメッセージ」の原型だとも。ipadや電子書籍は、どうなんだろう。そうなるのだろうか。

自ら「傍観者」というだけに、とにかく聴く、見る。一定の距離感を保って。培われた怜悧な見識が、マネジメントに帰結したのだろう、たぶん。

「マネジメントの神様」「知の巨人」などと称される作者の足跡がわかる。ビジネスに使えるかどうかは、読む人次第ってことで。使えなくたって十分にいけてる自伝だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示