サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(0820-23)

20%OFFクーポン(0820-23)

電子書籍

2013年 大暴落後の日本経済 みんなのレビュー

  • 中原圭介
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本2013年大暴落後の日本経済

2012/02/07 14:32

エコノミスト中原氏の第二弾

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:QQQ - この投稿者のレビュー一覧を見る

欧州危機では、南欧諸国の国民気質や財政状況の現状、ユーロの構造的問題、ヘッジファンドの存在とその狙い所など、数字や図表を使いつつも、かなり平穏に記されている。

そして、興味深いのは、
欧州危機の次に、国家の債務と金融機関の債務を一体として捉えている「ヘッジファンド」が仕掛ける攻撃のターゲットは、日本であることを示唆している。
その理由として、国の財政支出の悪さ、人口構成比の観点を上げている。
また、現状、金融機関が国債を買い上げている状況は、国債がバブル状態であるとの問題点を指摘しており、 危機が来ると、欧州問題のように財政と金融が同時に一気にやられてしまうとのこと。そして、その方が自然に財政破綻するよりも日本の再建に良いとまで指摘する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示