サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1019-21)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. チェンジ・ザ・ルール!
  6. チェンジ・ザ・ルール!のレビュー

電子書籍

チェンジ・ザ・ルール! みんなのレビュー

  • エリヤフ・ゴールドラット, 三本木亮
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

SEとは何か。SIとは何かを考えさせられました。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山田太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

SIベンダにお勤めの方なら誰もが疑問に思っていることに対するゴールシリーズならではの1つの回答を見せてもらった気がします。
世の中にはSEと「自称」される方がたくさんいますが、どれだけのSEが本当にシステムエンジニアリングをし、システムをインテグレーションできているのか、またSIを進める先にある利益を出すということを今までのゴールシリーズ以上に具体的に考えさせられました。
SEと呼ばれている方に読んでほしい1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ゴールシリーズは3冊まとめてお薦め

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わたちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゴールシリーズの第3弾となる本書もおすすめです。
前作、前々作に比べやや小説性が落ちたような気もしますが、すんなり読めて本質を分かりやすく理解できるあたりは本書でも健在です。
今回はコンピュータソフトベンダでの立場から、クライアントの生産性向上、製品在庫をテーマとして扱っています。後半部分はゴール1のTOCを再度復習するような感じではありますが、SE・SIベンダの方には現実味のある背景で語られ、クライアントの視点で考えるというのはどう言ったことなのか理解が深まるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

間違えだらけのシステム導入

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さにお - この投稿者のレビュー一覧を見る

こちらに要旨をまとめてあるので購入する前に読んでみて下さい。他にもビジネス関係の本の要旨がありますので、参考にして下さい。
システムを導入することでどれだけ利益が増えるか?と聞かれたら、大体の人は利益の算出は難しいと答えるだろう。システム導入は企業活動が一元化できるとかシステムはインフラだから必要というのが理由としてあがる。本書はシステム導入で利益を増やすためにはどのようにすればよいか書いてある。結論は「部分最適化をベースにしたルール」を変えること。表題の通りチェンジ・ザ・ルールである。これからのビジネスにITは切っても切れない。IT化の根底を考えるにも良い本だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

小説としてはどうも…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひーちゃんのパパ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は物語仕立に書いてあるため、本が好きな人は、「小説」として読んでしまうかも知れません。
そうすると、ストーリー性や話の展開に、稚拙さを感じてしまうと思います(私も思いました)。
マネージメントとシステムが今後どういうふうに和解していくかということについて、
一つの回答を提案していると思います。日本企業では、システム部門が「収益部門の下請け」として、非常に軽視されているように感じます。
そういった風潮を少しでも変えるのに、この本が役立ったらいいな、と思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示