サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/30)

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

電子書籍

完全独習 統計学入門 みんなのレビュー

  • 小島寛之
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本完全独習統計学入門

2015/12/31 23:31

自学自習用に

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

統計は,自分のリズムで自分のわかりやすいように勉強したほうがいい.
なにをどこまで勉強すればいいかは,教科書によってマチマチだけれど,この本は不要な横道にずれない.使わない概念の説明もしない.
数式でひっかかりそうなところも,丁寧に解説されている.
自習用にぜひ.
教科書にはならない.教員は,これ以上丁寧に説明するところがないから.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本完全独習統計学入門

2015/11/30 23:20

統計学の入門書の決定版

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんたん - この投稿者のレビュー一覧を見る

私が以前使っていたのは、「確率・統計」の本であり、「確率」の勉強のためには、順列・組合せを勉強しなければなりませんが、
「袋に何色の玉を何個ずつ入れて取り出すときに・・・」
とか、
「何個のサイコロを振って、出た目の合計が○○になる確率は・・・」
など、退屈で面白くないものでした。
しかし、本書は、純粋に統計学からスタートするので、すぐに中身の濃い統計学に触れることができます。
練習問題もついており、その解答もついています。
初めて統計学を学ぶための、決定版と言えるのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本完全独習統計学入門

2017/12/17 08:34

手取り足取り

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドングリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

数学に自信のない方でも読み進められるほど予備知識も必要とせず丁寧に解説されています。統計学の一歩目にオススメしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本完全独習統計学入門

2007/01/29 10:36

木を見て森を見る。

17人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソネアキラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は「統計学の超入門書」と銘打たれている。「カイ二乗分布の登場」までは、なんとなく頭に入った。つってもさわりの部分、ごく表層部分を読んで、理解できた程度だけど。
たとえば、選挙のときの出口調査。なぜ少ないサンプルだけで全国の選挙の結果がある程度予測できるのか。それは統計学に則っているからだそうだ。ランダム・サンプリング(無作為抽出)は名前だけは見たことがある人もいるはず。
「「データをたくさん観測すると母集団にものすごく近いヒストグラムができる」
この仮定を「ランダム・サンプリング(無作為抽出)」の仮定といいます」
1を聞いて10を知る。木を見て森を見る。が、現実にあり!なのね。ええと、作者の「おわりに」ここを引用するのがいちばんいいかな。
「統計学の論理にはある種の「飛躍」がある、ということでした。−略−推測統計の方法論は「部分から全体を推論する」という「帰納法」です。これは数学という完全無欠の「演繹法」になじんだ筆者には、「飛躍だらけの論理体系」に見え、これを受け入れるためには、慣れ親しんだ思考法からいったん頭を切り換えなければならない、と悟ったのです」
「「もしも注目している不確実現象が正規分布だと見なせるなら、正規分布の性質を利用して、なんらかの予言が可能になるのではないだろうか」。そう、この予言は全く正しいのです」
正しい予言だって。でも、ちゃんと数式で導き出されるのだよ、かなりの精度で。この「ある種の「飛躍」」ってなんだか魅力的。具体的な事例のところを読んだだけでも、統計学っていう難しい名前に、少しは親しみを覚えるはず。
作者は、味噌汁の味見を引き合いに出してうまく説明している。何気なく人は、おたまですくって小皿などにあけてひと口飲んでは、味の確認をする。鍋いっぱいの味噌汁を飲まなくとも。これだってある意味、「ある種の「飛躍」」だし。もっとも、味噌がちゃんと溶けていないと、ダマになって沈んでいたりして、味見が失敗することだってあるけれど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本完全独習統計学入門

2013/07/05 16:00

良かったです

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤマベ - この投稿者のレビュー一覧を見る

数式をほとんど使わずに統計で重要な要素を説明しているので、非常に分かり易かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍完全独習 統計学入門

2016/11/30 23:15

標準偏差を知るにはオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シュミドク - この投稿者のレビュー一覧を見る

今まで統計学に関する本は幾つか読んだが、イマイチ理解しきれたとは言えなかった。この本を読んで標準偏差についてはクリアになった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示