サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/30)

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. ピコラエヴィッチ紙幣
  6. ピコラエヴィッチ紙幣のレビュー

電子書籍

ピコラエヴィッチ紙幣 みんなのレビュー

  • 熊谷敬太郎
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

町を救い、同時に火種を落としたピコラエヴィッチ

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

1919年、アムール河口のニコライエフスク港
(現在のニコライエフスク・ナ・アムーレ)には
日本の商社島田商会が発行したルーブル紙幣が
町の経済を担っていました。
この日本人によるルーブル紙幣をめぐる経済小説。

今でいえば、地域通貨のようなもので、
最初は島田商会の小切手でしたが、
ロシア革命によるルーブル紙幣の暴落がひどく、
その価値が不安定なため、島田商会できちんと
品物に変えてくれる紙幣に信頼を寄せていました。

そもそも、島田商会がこの町の物資のほとんどを扱っており、
衣食から防寒に至るまで、この紙幣を持っていれば
不自由することはありませんでした。

お金というのは、そのものに価値があるのではなく、
「信用」という価値なのだという経済原理を思い起こします。
現在の日本円とて「日本銀行券」です。

このルーブル紙幣、最初の印刷にはミスがあり、
本来「ピョートル・ニコラエエヴィッチ・シマダ商会」とするところを
頭文字をひとつ間違えたために
「ピコラエヴィッチ」となってしまいました。

町の人はロシア文字の誤りに揶揄を込めて、
この紙幣を「ピコラエヴィッチ」と呼びました。
これも今も海外で変な日本語の看板やメニューではお馴染み。
それがお札であり、人々の命をつなぐというのがなんとも……。

このルーブル紙幣そのものと、
この紙幣が広がる町への興味といった
題材だけでも好奇心をそそるのですが、
その翌年、この町は共産パルチザンによって、
軍人、民間人問わず日本人約700名が虐殺される
「尼港(にこう=ニコライエフスク)事件」が起きます。

その町に紙幣の印刷工としてやってくるのが
黒川という35歳の男。
一触即発の事態を前に、新しい紙幣を印刷しながら
黒川は読者の代わりに、この時代を考え続けます。

島田商会の果たした役割と、それに群がるロシア人の複雑な心境。
広くとらえれば、日清日露戦争後の日本の領土拡大のひずみ。

経済小説ですが、そこには人々の生き様があり、
民族の対立があり、また王政から共産主義への革命という
大きなパラダイムシフトもあります。
とても読み応えがあります。

類型と思われた黒川の美しいロシアの恋人オルガも、
この物語になくてはならない存在へと昇華します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示