サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:日替わりクーポン(0813-16)

【SS/700】【白泉社】【特集】【クーポン】【OP】白泉社 全品30%OFFクーポン(~8/16)

電子書籍

クルマは家電量販店で買え! みんなのレビュー

  • 吉本佳生
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本クルマは家電量販店で買え!

2010/08/21 11:24

モノやサービスの値段の決め方がよく分かる

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MtVictory - この投稿者のレビュー一覧を見る

 意外でインパクトのあるタイトルである。最初に見たときは「?」と思ったが、著者は「クルマの販売方法が大きく変わる可能性」があることを感じている(はじめに)。実際にヤマダ電機では大阪で販売を始めているという。コスト競争や販売経路の多様化によりクルマが家電と同じ道をたどる可能性があると彼は考えている。
 従来、クルマは資産と考えられてきたから、それなりの価格が付けられ、その仕組みが維持されて来たと思うが、そんな時代も崩壊するのであろうか?日本人のクルマ離れも進んでいる。単なる移動手段としか考えない人もいる。安い海外メーカー製品の大量流入もありうる。電気自動車の時代が近づき、電機業界が自動車製造に参入する可能性もある。家電と同様な製品と見られる時代がすぐに来るかもしれない。
 本書はモノやサービスの値段の決め方を生活者視点で、分かりやすく解説している。世の中のからくりがよく分かるだろう。社会問題にも触れており、考えさせられることも多い。第1章はクルマの価格、第2章はサービスの価格、第3章は価格差、第4章はオークション、第5章は教育コスト、第6章は規制が引き起こす意図しない悪影響などをテーマに書かれている。民主党の高速道路無料化政策の影響なども検討している(2章)。
 第5章と6章では、教育コストやCO2排出権価格など高すぎる価格を下げるための提案を行なっている。例えばCO2の「排出権取引の導入の際に、非正規雇用の増大に歯止めをかける効果を持つ政策を提案」しているが、それは投機の過熱を抑える効果もあるとしている。排出権取引で一儲けを企む金融機関があるとのこと(おわりに)。排出権価格に連動する仕組債なる金融商品が売られているそうだ。それはリスクを消費者に押し付けて、利益は金融機関に入る仕組みだという。日本は排出量削減に世界で一番熱心というが、そうした問題をよく検討した上で取り組まないと国益にならない。
 第5章の教育コストは子を持つ親には切実である。そこで掲げられた提言は日本の学歴社会を根本から見直そうとするものである。「学歴社会というしくみをなくす方向での教育制度改革」の必要性を説いている。それは子育て家庭の教育支出の増大から解放し、生活水準を高める。そして子供を産んで育てやすくなり、少子化対策にもなる、という。少子化対策と教育制度改革、企業の雇用対策、採用活動のあり方などは一体の問題として捉えて、考えていく必要がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示