サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1015-18)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 経済・ビジネス
  4. 経営・ビジネス
  5. 世界NO2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本
  6. 世界NO2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本のレビュー
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

営業担当ではないのですが。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あーみん - この投稿者のレビュー一覧を見る

率直にいって、面白かったです。

誰かの人生の「きっかけ」になれる職業という
フレーズがまず気に入りました。
「営業ってステキ!!」みたいな。

けれど、読み進めてるうちに思ったんです。
別にこれ、「営業」やってないとできないことでもないし、
ここに書かれている必要なスキルや考え方って、
どんな仕事をしていても絶対必要なものだったりするよなぁ
仕事に必須というよりも、人と関わる時には絶対必要
という感じ。
程度問題はあるかもしれませんが。

そう言う意味で、営業に向かない人はいないのかも。

礼儀正しく。
人の話はきく。
相手を慮る。
気持ちを的確に伝える。
人から信用される。
などなど。

書いちゃうと、当たり前のことというか、特別感のない
ことばかりなんですが、これをどのくらい徹底して確実
にできているかどうかが、例えば営業の場合だと数字に
きっちし出てくるのかも。

実際、「礼儀正しく」あろうと意識はしてても、本当に
目の前にいる人が私のことを「礼儀正しい人だな」と
思ってくれるかどうか。
「人の話を聞いてくれる人」と思ってくれるかどうか。
それってすっごく難しいことですよねーーー。

自分は、ちゃんと自分がそうありたい状態にいるかどうか。
相手は、ちゃんと自分がそうありたい状態にいると認めて
くれているかどうか。
すごく厳しいなーーー
そして、これも本来、人が人として当然もっておくべき
視点なんじゃない?と気付かされてしまったり。
段々、これまでの人とのつきあい方を猛省したい気分に...

こういう視点が身について、自分にとって自然なことに
なっちゃった人は、それはやっぱり魅力的な人なんじゃない
のでしょおか。

和田裕美さんに、直接お会いしてみたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

物足りない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

20分くらいでサラッと読めるボリューム。
営業アレルギーの人には夢と希望を持たせてくれるエピソードがいっぱい載っています。
しかし、内容はすでにどの会社でも教えているだろうという程度で、肝心な部分は「セミナーでお話ししています」となっていて書いてありません。
どちらかというと、著者のセミナーの販促本という印象です。
電子版でもちょっとお高かったかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ダイヤモンド社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「営業ほどクリエイティブな仕事はない」と言う著者が、「向いていない」多くの人を育てた実績から「売れる営業」になる法を伝授。

これまで「デキル営業」と言われてきた人たちが必ずしも好成績を上げられなくなってきた。押しの強さや「数打ちゃあたる」という考え方が通用しなくなってきたからだ。自身、バブル崩壊後に営業の世界に入り、それまで常識とされてきたことの逆を行ってトップとなった著者が、「私がどうして成功したか」をもとに、数々の営業指導の実績をケーススタディとして披露する。いまひとつ伸び悩んでいる人、突然営業に配属されてしまった人に、勇気とヒントを与えるとともに、部下指導に悩む営業マネジャーにも良いガイドとなるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示