サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

社内政治の教科書 みんなのレビュー

  • 高城幸司
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

役立ちました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なっつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は一般スタッフからめでたく管理する立場に昇進しました。しかしスタッフ時代の立ち位置と今の自分の立ち位置の違いが分からなくなり、目標達成のために何をすればよいのか混乱していました。そんな時上司からこの本をすすめられました。
読んでいくうちに霧が晴れたような気持になりました。今でもいつも手元に置き、読み返しています。この本には「こうしなさい」と答えは書いていません。でもものの見方を教えてくれます。少なくとも私にはバイブルです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍社内政治の教科書

2015/08/09 09:24

面白かった。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tsukasa - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルが少し刺激的であるが中身はサラリーマン、特に中間管理職が気を付けるべきポイントがまとめられており納得の内容。課長層は必読だとおもいます

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

課長必読の書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Gluck - この投稿者のレビュー一覧を見る

会社、あるいはそれに準ずる組織に属していれば
「社内政治」は避けることが出来ない。
部下を動かし教師を動かし、組織を動かすためにも
「社内政治」に勝たなくてはならない。
勝つことに拘る人にはかなり有効な内容だと思います。

第一章 社内政治は影響力のゲームである
第二章 おしゃべりに政治の巧い者はいない
第三章 リアリストしか生き残れない
第四章 部下を掌握する
第五章 上司を攻略する
第六章 課長のための派閥学
第七章 政治に勝つより大切なこと

社内に味方を増やすには?

人を動かすには相手の欲しがっているものを与えるのが唯一の方法である。
人間の持つ性情のうちでもっとも強いものは他人に認められることを渇望する気持ちである。
他人のこのような心の渇きを正しく満たしてやれる人はきわめてまれだが
それが出来る人にしてはじめて他人の心を自己の手中におそめることが出来るのである

繰り返し読んで身に着けたい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍社内政治の教科書

2017/06/18 03:05

勇気を貰えた

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tosch - この投稿者のレビュー一覧を見る

どうしようもない職場だと思ったけど,この本を読んで気持ちが少し楽になった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

実力があるだけでは出世できない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シンジー - この投稿者のレビュー一覧を見る

いくら仕事ができてもそれだけではダメ、上司と上手くいかず悩んでいたが、ぐっとこらえようと教えられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

サラリーマンとして知っておいた方が良い内容

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけくろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

それぞれの会社によって、社風としていろいろとあると思いますが、一般的に知っておいた方が良い、立ち居振る舞いについて書かれている本と感じました。
この本の内容を知っておいて、それぞれの職場に合わせて応用していけば、いろいろと仕事を進めやすくなると思います。
仕事は、単に成果を上げれば良いだけではないと思います。
いろいろなパワーバランスの中で進めていかないといけないと思います。
参考になる部分もあると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

たまにはこういう本も良い

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wayway - この投稿者のレビュー一覧を見る

たまには、こういう本を読むのも良いかなと思いながら手に取った。
零細、小さな会社でなく、いわゆる企業での話ではあるが、
なるほどそうかと頷きながら、社会におけるコミュニケーションを
取る難しさに共感する。
そして、何が難しいかといえば、わかりきっていてあほらしいと
いうようなことを、作り笑顔でもって活き活きと演じることであろうか。
それでも若かりし頃よりは、そんなことも受け入れやすくなっている
のかもしれないと思いながら、まるで人ごとのように読んだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。