サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~6/24)

最大40%OFFクーポン(~6/24)

電子書籍

マーケット感覚を身につけよう みんなのレビュー

  • ちきりん
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

電子書籍マーケット感覚を身につけよう

2015/03/08 00:21

時代の変化

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:華麗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

インターネットやスマホなどがどんどん進化していく中で、なんとなく皆が変化を感じながら、そしたら、どんな仕事がいいんだろう、とか、そういった今の時代の変化を解りやすく解説してあって、興味津々で読みました。
両親はまた違う時代を経験しているから、一生懸命良いことを教えてくれるけど、それに従うだけでは上手く今の時代を渡っていけない。そうしたところでモヤモヤすることがあったので、少しこの本を読んで、モヤモヤしていたことがちょっと晴れました。時代の空気をよんで、両親の意見も聞いて、その上で自分で考えて決断していこうと思った。読んで良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マーケット感覚とは?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マイケル - この投稿者のレビュー一覧を見る

あのちきりんさんが、これからの時代に必要とされる「マーケット感覚」を鍛える方法として5つをあげ、実例を交えながらわかりやすく記した一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マーケットを意識しはじめた人にオススメ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アブドラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

人が購入に至るまでの心理的なプロセスだけではなく、この世の中で自分をどう売り出すのか? 自分はどこの領域に身を置くべきなのか?
コモディティー化するこの社会の中で価値をどうやって出していくのか?
とても分かりやすく書いてあります。
この著者の作品の中でも一番オススメします☆

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍マーケット感覚を身につけよう

2016/01/17 16:37

何度も読み返しています

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちごはやぶさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

マーケット感覚って何だろうという素朴な疑問から購入したのですが・・・。
マーケットとそこで取引される価値が画一的なものではなく、トレンドやエリア等を組み合わせて深く考えていくと、予想とはかけ離れた業種や商品の競合が見えてきたり、婚活市場や就活市場のくだりは、思わず納得してしまいました。マーケットにあった商品を提供するのは普通のことですが、大小は別として、商品に合わせてマーケットそのものを作ったり、変化させたりするも難しくはなくなっているようです。新しいリテラシーとしての「マーケット感覚」を磨いてみたくなる、そして試さずにはいられなくなること請け合いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

フムフムと読めました。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チャレンジまま - この投稿者のレビュー一覧を見る

ブログも愛読していますが、いつも独特の切り口で、媚びることのない表現が気に入っています。子どもにも読ませたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

自分にとっての価値を考える

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Michiyuki - この投稿者のレビュー一覧を見る

これまでのちきりん氏による物事の独自の切り口、考え方に毎回新鮮さを感じており、新刊が出るたび期待している。今回の著書も十分読み手を刺激してくれる内容だった。

特に印象に残っているのは、商品、サービスが自分にとっていくらになるか考えること、という部分。原価や市場価格で判断せず、あくまで自分の価値判断を基準に価格を決めてみようという事だ。世の中の消費者がもっと考えて消費行動を取れば売り手も多種多様な売り方、商品作りが必要となる。結果として消費者は自分に満足いく商品を手に入れられたり、細かな市場の中で新たな売り手の活躍の場が増える可能性がある。そんな豊かな市場が形成されれば良いと感じた。
自分の場合、最近 Apple Watch 等ウェアラブル端末に多少興味を持ったが、自身の価値判断ではせいぜい 5000円ぐらいが出せるお金の限度かなと思った。Apple Watch の原価以下であるので自分が入手できるのは相当先となりそうだ。

ふるさと納税で地域ごとの競争が生まれつつあり、公務員といえども市場を睨んだ戦略が必要との指摘は興味深い意見だと感じた。

本の内容で気になった点がただ一点ある。
事業者でも個人でもニッチな市場や消費者向けにサービスを提供すべしと前半で述べられている。一方、中程で旅行代理店の企画したサービスは人気が落ち、個人プランナーが発案した旅行プランに人気が集まると述べてある。
それぞれは特に矛盾がない内容だが、本書を巻頭から読み進めていくと、何故人気が落ちる旅行代理店もニッチな市場向けにサービスを提供すべしという意見を出さないのだろうと感じた。
前半の内容を理解した読者にとって、旅行代理店も生き残りを掛けて対抗策を用意すべしという内容が含まれるのが当然のような気もする。

それ以外の点は毎度のちきりん氏の新鮮な意見が多数で、読み手は大いに学ぶ点があると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示