サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【OP】【20%OFF】2018独自コミックランキング商品で何度でも使えるクーポン(~11/19)

電子書籍

人工知能 人類最悪にして最後の発明 みんなのレビュー

  • ジェイムズ・バラット, 水谷淳
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

恐るべき人工知能

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねったいぎょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

近年、将棋ソフトがプロ棋士を倒すなど人工知能の発達のすさまじさを目にする機会がある。この勢いで人工知能が発達し、人間よりもずっと賢い人工知能ができてしまったらどうなるのか。人工知能が人間を支配する世の中になるのだろうか。今まで一度も起きたことがないことだけに想像がつきずらい。しかし、現実になってしまったら、もう後戻りはできない。そこに怖さがある。人工知能の発達は人類にとって有益ではあるが、果たしてこのままどんどん進化させていいものか真剣に考える必要があると思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

本書は人類に対して警鐘を鳴らしている。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コスモス - この投稿者のレビュー一覧を見る

「人工知能 人類最悪にして最後の発明」
というタイトルが示しているように、本書の著者は人工知能を楽観視している人類に対して警鐘を鳴らしています。
私自身、人工知能について恐怖を感じる部分があるので、著者の言うことに納得できるところがあります。
しかし、著者が取り上げている問題について楽観視している人にとったら、
本書に書かれていることを、悲観的な内容だと思うかもしれませんし、
著者のような人間が人工知能の研究の邪魔をしていると感じるかもしれません。
もちろん、人工知能の危険性について考えているような人にとったら、ここに書かれている事を当たり前のように感じるかもしれません。

このレビューを読んでいるあなたが、どちらの立場の人間なのか僕にはわかりません。
しかし、少しでもこの本の内容が気になるならば、是非読んでいただきたいです。
それにより、人工知能について今までと異なる視点で読めることは確かだと思いますから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

悲観的に同感

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:F.Massan - この投稿者のレビュー一覧を見る

AIを国益のため、ビジネスのための強力なツールと考えれば、究極のASIを求める行動は止められず、将来の人工知能爆発は避けられないのではと考えてしまいます。技術革新が進むと「AIは人類を滅ぼす虞がある」、「必ず超高度な情報通信技術を使って悪事を企むエンジニアが現れる」と考えるので、映画「ターミネーター」の殺人マシーンの誕生や「ダイハード4」の情報インフラの占領といった事態が実現するのではと心配します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示