サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

経済学の名言100 みんなのレビュー

  • 佐和隆光
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本経済学の名言100

2008/11/29 22:07

世界の知者67人、日本の知者33人、合計100人の経済に関する名言を集めた本。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:龍. - この投稿者のレビュー一覧を見る

世界の知者67人、日本の知者33人、合計100人の経済に関する名言を集めた本。

世界の知者では、アダムスミスから今年のノーベル経済学賞のクルーグマンまで網羅しています。

学問的な本ではありませんが、ちょっとした教養の本としては使える本です。

経済学が専門ではない人にとっては、「どこかで聞いたことのある経済学者」たちの名言がわかりやすい解説とともに書かれているので便利なのです。

この本に登場している知者たちの言葉は、一般の人にとってもある程度わかりやすい言葉です。普遍的な概念を表現すると、わかりやすい抽象的な言葉になるのだと実感します。

本書の目的としては、広く浅くというところですが、その中で自分の気に入ったフレーズがあれば、その人の著書を読んでみるとよいかもしれません。

たとえばクルーグマンの著書の場合、経済学の知識はそれほどなくても読むことはできるはずです。

そのような使い方がよいと思います。

しかし私が本書の中でいちばん気に入っているのは、吉田兼好の言葉・・・
「名利に使われて、閑かなる暇もなく、一生を苦しむこそ、愚かなれ。」

お金にこだわることなく、泰然として生きていきたいものです。

龍.

http://ameblo.jp/12484/

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本経済学の名言100

2001/04/29 14:58

失笑ものの手前味噌本

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山形浩生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 スミス、ケインズなど大経済学者の「名言」集というから、それぞれの考え方や姿勢の根幹を示す一言が紹介されてると思うでしょ。ちがうの。佐和がユルユルの趣旨不明の駄文を書く前振りになるものが選んであるだけ。その学者の理論も実践もなにもわからんのだ。マルクスだと、共産党宣言の冒頭の一文。サミュエルソンだと「マルクスはまちがいが多い」というせりふ。だれが言ってもいいようなしろもの。人選も、ヴェブレンもないしアカロフもナッシュもパレートもない。都市経済や経済地理方面は壊滅。かわりに吉田兼好? 西部邁? レスター・ブラウン? あげくに自分の陳腐なせりふまで入れる厚顔ぶり。もうなにも申しません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本経済学の名言100

2000/10/26 00:19

1999/10/25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経ビジネス - この投稿者のレビュー一覧を見る

「個人主義的色彩の濃い資本主義経済と、共同体的色彩の強い資本主義経済との戦いの勝負はやがてつく。そして、勝ったほうが自分のルールでゲームを続けていくのだ」。米国の経済学者、レスター・C・サロー氏が1992年に発刊した『大接戦』の中で述べた言である。
 当時はバブル崩壊直後だったが、まだ日本型経済システムの「神話」は通用していた。しかし、立場が大逆転して米国経済が隆盛を極めている今、サロー氏が語ったように、米国の「ルール」がグローバルスタンダード(国際標準)となりつつある。
 京都大学経済研究所教授である著者が、古今東西の経済学者の名言を集めて解説したのが本書だ。「日本という国が豊かなのは、日本人が貧しいからだという逆説が成り立つように思える」(ジャン・ボードリヤール)、「官僚は自分の属する省庁のサイズを最大化しようと努める」(J・E・スティグリッツ)など皮肉に富んだ言葉もあって楽しめる。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。