サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

夏のメディア化タイトル 全品ポイント5倍! (~7/22)

電子書籍

みんなのレビュー

  • 武田双雲
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

2011/03/15 17:07

絵画でもそうだが、「崩せる」その陰には、基本の裏打ちがある。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:7ひきのこぶた - この投稿者のレビュー一覧を見る

 世界中で「字」を芸術にまで高めたのは、日本ではないかと思う。「漢字」本場の中国でも「書道」はあるだろう。だが、近年の発展は、日本のほうが上だと思う。本書を開いて、その感を強くした。

 体裁は、著者が「一文字」を記し、その文字の“賛”のような、“詩”のような、“語”のような数行を書き添える。例えば「悲」であれば、「悲しさから逃げない。悲しみは思ったよりずっと深いものだから。」。そして、その“賛”の英訳と、中国語訳と共に(それも引用したかったが、英語はともかく、中国語は簡体字なので断念)。中国語訳があるのは、「出藍の誉れ」ではないが、中国で生まれた「漢字」が日本でここまで、アーティスティックに変貌を遂げたかとの自信の表れか。断っておくと、これは私の憶測。芸術は作品自体が語るものだから、訳文が併記されている理由は、どこにも書かれていない。
 元の字をあまり崩していないので、なんという字かすぐに判るものもあれば、字だけ見ると、言い古した表現だが、“ミミズがのたくった”ような判別不能なものもある。ただ、字として読めなくても、なにかこちらの胸に訴えてくることは確かだ。墨の濃淡も顕著だが、なにか意味があるのだろう。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示