サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1015-18)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 暮らし・実用
  4. 住まい・インテリア
  5. 買っていい一流マンション ダメな三流マンション[新版]
  6. 買っていい一流マンション ダメな三流マンション[新版]のレビュー
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

マンション建設で重要なのは内装ではなく構造

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:melon - この投稿者のレビュー一覧を見る

マンションなどの集合住宅で快適に生活できるか否かを分ける最大のポイントは遮音性である。新築マンションを購入する際、この遮音性を見極めるのは難しい。それは見た目ですぐにわかる内装の設備ではなく、構造によって決まるからだ。しかし内装の設備は後でリフォームでもすればいくらでも変えられる(長い期間住むのであれば、どこかでリフォームすることもあるだろう。その際に進化した設備を入れることだってできるのだ。)。しかし構造は後からどうこうできるものではない。したがって遮音性のあるしっかりしたマンションか否かを気にする必要がある。

重要なポイントはまず「二重床・二重天井」であるかだ。これはビジネス誌でもたびたび紹介されているもので、マンションを購入する人たちにとっては常識的なことだと思っていたのだが、案外気にしない人が多いのだろうか。「二重床・二重天井」になっていないマンションも多くあるそうだ。そのようなマンションは購入せず、消費者サイドからノーを突きつける必要があるだろう。
戸境壁は鉄筋コンクリートでできているものだが(そうでないものは安物アパートだろう)、この「戸境壁を構成する鉄筋コンクリートの厚さ」が遮音性に大きな影響を与える。最低でも18cmは必要なようで、本当はもっと厚くあるべきとのこと。
また寿命を左右する配管設備も重要だ。衛生的で長寿命であり、遮音性もばっちりな「鋳鉄管」であれば一流だ。「塩ビライニング鋼管」は二流、排水音がうるさい「耐火被覆二層管」は三流だ。
間取りでは「羊羹の輪切り」で「田の字型住戸」が多いが、これは欧米ではないようだ。住みやすい形に工夫してあるもの(「センターイン型」や「2戸1エレベーター型」)だと良いようだ。

さてマンションは素人にとって、一流であるのか三流であるのか見極めるのが難しい。これは購入する際に参考になる本であり、購入を考えたら読むべきだと思う。質の高くないマンションを提供しているB社とはどこなのだろうか。デベロッパーも大きければ良いわけではないとあるが、具体的にどこが一流マンションを企画し、どこが三流のものを企画しているのか、その暴露をどこかでしてもらいたい。少なくとも実例を挙げてほしい。消費者にとってわかりにくいことをいいことにして、構造でコストダウンをする三流デベには鉄槌を加えるべきではなかろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示