サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~6/24)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

電子書籍

ブランドらしさのつくり方 みんなのレビュー

  • 博報堂ブランドデザイン
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

下北沢ヒルズってどんな匂い?

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Living Yellow - この投稿者のレビュー一覧を見る

 昔の六本木をそんな知っているわけではない。でも六本木ヒルズは苦手だ。下北沢は年に好きな役者の芝居を1,2回見に行く程度。学生時代は苦手な町だった。しかし再開発がほぼ決定した今、ちょっと寂しくなったりしている。古くなったら建て替えれるのが当たり前というのも理解している。いや、でも、なんか。
 下北沢、神楽坂に代表される再開発に反対している人、何か考えている人に是非この本を読んでほしい。
 この本を作ったのは博報堂の社員だ。再開発をコンサルティングする側の人間だ。そしておそらくギョーカイ人のトップである彼らは街で、ストリートで遊んだ深い体験を持ってたりするだろう。ギターとか担いで。
 彼らがこの本で提示するのは消費者の五感(色、音、匂い、触覚、味)を刺激して、個々の商品というよりは、ブランドイメージをマーケティングする「五感ブランディング」の構想だ。アメリカ経由の認知科学をベースとしたアプローチは緻密で、サヨクの人たちは「そこまでコントロールされたくない」とか思うかも知れない。でももしそう思うんだったら、なおさらこの本を読むべきだ。もう試合は始まっているようだ。ラウンドに上がって、自分の住みたい街を真剣にイメージするしかない。
 一番の読みどころはこの手法を用いて、新宿駅周辺を「再開発」するシュミレーションを行う第五章だ。新宿西口、東口をそれぞれイメージしたカクテルまで用意されている。(実際にそれらのカクテルを飲めるバーも実在するらしい)
 歌舞伎町の女王はこのカクテルを飲むだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示