サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1022-25)

修正:定期購読キャンペーン(1012-31)

電子書籍

「水」のように生きる みんなのレビュー

  • 植西聰
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本「水」のように生きる

2016/10/01 18:53

大河のように生きたい。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:照月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「水は低きに流れる」という言葉があるように、「水」というのは、あまり良い意味に使われない。どうしても、水というのは、

形が定まらない→相手に合わせる、

なくなってしまう、

といった意味合いで使われることが多かった。

本書ではそういった水の特性をいかして、「そんな生き方もいいじゃないか」と提唱し、

「穏やかな心を取り戻すための92のコツ」がまとめられている。

水は、著者のいう通り「流れにまかせて生きていく」ものである。だからこそ、大河においてはゆったりと生きているのである。「大河のようにゆったりとおおらかに生きる」とあるが、ゆったりしているのはそこが大河だからであり、滝では激しく流れている。水は「流れにまかせて生きて」おり、本来はゆったりとしたものではない。

また「水のように先を争わずに生きていく」とあるが、水こそは、先を争って流れているものである。だからこそ、時には濁流や津波となって人を襲うのである。

「穏やかな心」を「水」に比したのは、少し違っていたのでは、と思う。

ただ、本書にある92の穏やかな心を取り戻すためのコツ、は共感できる。

例えば、「私は正しい」と思う人ほど、誤った方向に進みがち、というのはよくあること。正しいと思っている分自分の考えを引っ込めず、職場で浮いてしまうことは珍しいことではない。勢いの強さに、周囲が引いているだけなのを、「正しい」と勘違いするのである。

また「人に親切にしたことも、水に流す」とある。
そうしないと、あんなに親切にしてあげたのに感謝してくれない」という恨みにつながる、と。
そんな親切なら、最初からしない方がいい。

水は、こうして見ると、人間に似ている面がある。

少ないと静かだが、量が増えると破壊的になる。

環境によって態度を変える。

流される。

同じ水でも、大河のように生きたいものである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示