サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 OP 20%OFFクーポン(~12/13)

12時 OP 20%OFFクーポン(~12/13)

電子書籍

やり抜く力 みんなのレビュー

  • アンジェラ・ダックワース, 神崎朗子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.0

評価内訳

高い評価の役に立ったレビュー

電子書籍 やり抜く力

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2017/02/16 08:16

『やり抜く力』 からまた力を得て

投稿者:ろみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

36年前、大学卒業して以来、結婚・出産・子育てを得てずーっと続けて来た仕事。
当時は大卒でも女性は高卒扱いだったし、産前産後は6週間しか休めなかった。
それでも楽しく面白く、役に立てそうだったから、多くの方々に支えられながら続けて来られた。
この本を読んで、少なくとも私にとって、間違っていなかったと心からそう思える。
ありがとうございました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

低い評価の役に立ったレビュー

電子書籍 やり抜く力

6人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2017/04/02 11:29

ひどい駄本

投稿者:七慢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

非常に徒労感が残る雑談を読まされた。

おそらく私と同じように社長推薦図書として購入させられた方がたくさんいて,苦悶して挫折した方がそのほとんどではないか?

筆者が言う「やり抜く力」とは要するに,初期値に関わらず結果が大きく変動する原因だということだ。
その一エビデンスとしてグリーン・ベレーで「志願者総合評価スコア」に関係なく中退する者がいることが挙げられている。グリーン・ベレーは「やり抜く力」の養成に失敗しているのにこれが証拠だというのだ。

初期値の設定に一貫性がない。
筆者が「やり抜く力は遺伝子と環境の影響」と書いているのにはズッコケた。被験者の意志力は「やり抜く力」に対して根源的に多くの部分が無意識と言っているのと同然だ。一方で入学時での学力・体力を初期値としているのだ。

統計学上にも問題がある。
筆者が「結果を出した人たちの特徴」を基調として,成功した結果を出した人たちは努力をしたことが特徴だと論じている点だ。ここには,
1.努力をしたが世の中で成功していない者
2.努力をしていないが世の中で成功している者
という反証可能性を精査していないのだ。

反証可能性に言及していなければ,「強く願えば雨が降る」式の迷信と変わらない。
1.「雨が降らないのは,願いが十分足らないからだ」
2.「雨が降ったのは,強く願ったからだ」という結果論に酷似している。

この本は結局のところ,雑談である。
「あなたを誘ってどこかでコーヒーでも飲みながら、私がこれまで学んできたことをお話しする、そんなつもりで書き進めてきた」
「やり抜く力は一番重要なものでもない」,
「最後まで続けようとすると,もっと自分に合っていることを始める機会を見失ってしまう可能性が高い」,
「やり抜く力がもたらす可能性のあるマイナス面については,今後さらなる調査が必要」

こんな言葉を読むために「やり抜く力」を200%発揮するのか!?

徒労感の残る駄本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

18 件中 1 件~ 15 件を表示

成功を勝ち取るのは「IQ」ではなく「GRIT」です!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、人生で成功を掴むために何が重要であるかを考察した画期的な書です。私たちは、仕事や人生などで成功を収める人は、賢い人だというイメージを持ちがちですが、歴史的な偉人などを見ても、本当に賢い、すなわち知的能力が高い人では必ずしもないことがわかります。成功した人に共通するのは「GRIT」、すなわち「やりぬく力」であると著者は強調します。本書は、このやり抜く力について、科学的な論証も交えながら詳細に、丁寧に解説した良書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ビジネス書以上の内容を持つビジネス書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:病身の孤独な読者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、実験心理学の知見を広く扱い、ビジネスなどの現代社会で成功する因子の特定を行い、その研究の紹介をしている。それが、「やり抜く力」なのである。これ以上内容については控えるが、本書では幅広い内容が扱われている。中には発達心理学の知見まで盛り込まれている。ビジネス書である以上、参考文献欄がなく、もっと勉強したい人にとってはすっきりしないところがある。評者の印象では少し冗長な箇所もある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍やり抜く力

2017/12/04 23:00

私はやり抜く力がある方かと思っていたが

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:syoudai - この投稿者のレビュー一覧を見る

才能ではなく努力が重要ということを著者の経験と研究結果から書かれた内容。半分ぐらい読むまではこれといった内容はなかったが、中盤以降、「才能とは、努力によってスキルが上達する速さのこと」など、なかなかモチベーション上げてくれる内容で面白かった。ちなみに私のグリットスケールはアメリカ成人より下だった、、、

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍やり抜く力

2017/11/12 07:18

「やり抜く力」とは

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アルファ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本人の能力を活かすのは、適性と環境であり、それに応じる意志である。本書では、その意志について重要な示唆を得られる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

やり抜く力

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てけちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

予備知己がなくても読み進められると思いますが、何度か読み直すことで理解が進むと思います

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍やり抜く力

2017/09/07 21:35

よき

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じょばーな - この投稿者のレビュー一覧を見る

一流になるためには一万時間も必要と言われています。
一流というのはなることはできますが、やはり一万時間も費やすことなんて難しい!と思うと思います
そんなときにこれを読んでみるといいと思いますす

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読み切った(やり抜いた)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:touch - この投稿者のレビュー一覧を見る

この手の本は、実はちょっと苦手。
最初は興味を引くネタで始まるが、途中からテーマがずれ始め、結論がよくわからなくなる。

この本もそんな感じ。
でも「やり抜く力」なので、一応最後まで読み切った。

ところどころ興味がわくエピソードもあり、それなりに面白かったが、さて自分に適用できるかどうかとなると……?である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍やり抜く力

2017/04/15 17:59

素晴らしい本です!

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちーさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

天才などいない。粘り強く努力することで、誰もが成長し、成果をあげられることを科学的に検証。自分もできるかもと勇気をもらえました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍やり抜く力

2017/04/02 11:29

ひどい駄本

6人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七慢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

非常に徒労感が残る雑談を読まされた。

おそらく私と同じように社長推薦図書として購入させられた方がたくさんいて,苦悶して挫折した方がそのほとんどではないか?

筆者が言う「やり抜く力」とは要するに,初期値に関わらず結果が大きく変動する原因だということだ。
その一エビデンスとしてグリーン・ベレーで「志願者総合評価スコア」に関係なく中退する者がいることが挙げられている。グリーン・ベレーは「やり抜く力」の養成に失敗しているのにこれが証拠だというのだ。

初期値の設定に一貫性がない。
筆者が「やり抜く力は遺伝子と環境の影響」と書いているのにはズッコケた。被験者の意志力は「やり抜く力」に対して根源的に多くの部分が無意識と言っているのと同然だ。一方で入学時での学力・体力を初期値としているのだ。

統計学上にも問題がある。
筆者が「結果を出した人たちの特徴」を基調として,成功した結果を出した人たちは努力をしたことが特徴だと論じている点だ。ここには,
1.努力をしたが世の中で成功していない者
2.努力をしていないが世の中で成功している者
という反証可能性を精査していないのだ。

反証可能性に言及していなければ,「強く願えば雨が降る」式の迷信と変わらない。
1.「雨が降らないのは,願いが十分足らないからだ」
2.「雨が降ったのは,強く願ったからだ」という結果論に酷似している。

この本は結局のところ,雑談である。
「あなたを誘ってどこかでコーヒーでも飲みながら、私がこれまで学んできたことをお話しする、そんなつもりで書き進めてきた」
「やり抜く力は一番重要なものでもない」,
「最後まで続けようとすると,もっと自分に合っていることを始める機会を見失ってしまう可能性が高い」,
「やり抜く力がもたらす可能性のあるマイナス面については,今後さらなる調査が必要」

こんな言葉を読むために「やり抜く力」を200%発揮するのか!?

徒労感の残る駄本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

データから勇気をもらえる良書

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TTT - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分自身やり抜く力に乏しいので購入。
成功者のインタビューやエピソードを紹介するだけでなく、分析をしてデータを集め、同時に失敗した人やうまくいかなかった人の分析を行い、科学的に比較する姿勢が見て取れ、とてもメッセージを受け止めやすい書籍です。
著者が育ち盛りの子をもつ母親ということもあるからか、時々ビジネス書の類にみられるような「上から目線」ではなく、ともにGRITを伸ばしていこうと向かい合ってくれているように感じました。
読んでいて自分も変われると、勇気が湧いてくる良書です。
個人的にはもう少し実験の内容や研究結果の数字などを増やして、それの図化もまとめてくれたら会話のネタにも使いやすいのになー、と思っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍やり抜く力

2017/02/16 08:16

『やり抜く力』 からまた力を得て

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

36年前、大学卒業して以来、結婚・出産・子育てを得てずーっと続けて来た仕事。
当時は大卒でも女性は高卒扱いだったし、産前産後は6週間しか休めなかった。
それでも楽しく面白く、役に立てそうだったから、多くの方々に支えられながら続けて来られた。
この本を読んで、少なくとも私にとって、間違っていなかったと心からそう思える。
ありがとうございました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

面白かったです。

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

時折読み直したいと思いました。とても興味深かったです。環境や、小さい頃のちょっとした体験がもたらすもの。少し怖いとさえ感じました。でも興味深かったです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

納得できることばかり!

5人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:masato - この投稿者のレビュー一覧を見る

「正しい方向に」「正しい努力を」「諦めずに続ける」ことが大切ということが書いてある。どんな分野であれ成功する人は、これができている。学生でも、ビジネスマンでも、職人でも、スポーツ選手でもすべてに共通。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

学び

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yes - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読んでやり抜くことの大切さを学んだ。今まではとりあえず、手をつけてみてはすぐに別の興味に移ることが多かったが、資格を取るなり、自分が納得するところまでやり抜いてみようと思える本の内容だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

自分にも、子どもへの接し方にも

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tomoaki - この投稿者のレビュー一覧を見る

GRIT=やりぬく力、という言葉や概念はこの本で知った。
”やりぬく”と言っても、研究者だからか、アメリカ人だからか、日本人のように根性論・精神論的なニュアンスはほとんどなく、私には受け入れやすい内容だった。

特に、”やりぬく”力がある人たちの具体例を紹介した部分がすぐに取り入れやすく、参考になる。バフェットの「仕事の目標を25個たてて、そのうち大事と思う5個を選んでそれに集中する」、著者の家族が実践しているという「自分で選んだ(自分にとっての)ハードな目標を立てる。途中でやめてもよいが、その条件も事前に決める」といった例はよいtipsだと思う。

自分の仕事や人生の目標を決めて取り組むためにも、子どもに接するときや教育について考えるときにも、読み返したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

18 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。