サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~6/24)

「続刊予約キャンペーン」 (~6/30)

電子書籍

お金の現実 みんなのレビュー

  • 岡本吏郎
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本お金の現実

2005/05/09 04:24

「お金」は考え方。

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiro-tom - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の他の作品はまだ読んでいませんが、この本もタイトルについつい惹かれて読んでしまいました。また、文章も平易で、一気に読めます。
「エモーショナル」と「ロジカル」を使って「起業」という言葉が一種のはやりのようなになっているという指摘は、なるほどと思いました。「起業」の決断は、人生の大きな転機だから夢を追うからといって安易に決断ができるものでもないでしょう。しかし、今の現代日本の一面を良く表しているようにも思います。「雇用不安」+「生活不安」を「夢」を起爆材にした「起業」で一気に解決できる、簡単に解決できる、と誤解(?)する人がすでに、多数発生してしまっているのではと心配になりました。かくいう自分も「起業」については、いろいろ思案しているところですが、しっかり検討して決断しようと、自戒。
お金そのものについての著者の考え方は、素直な表現で、できるだけ本質を伝えよう、偏見やいらぬ恐れを排除しようというもので、人によっては、目からうろこが落ちるのではないでしょうか。自分自身としては、何に価値を見出し、何を信じるかを常にしっかり考えておくことだな、と決意を新たにしました。
「お金」について、少しでも向き合う気持ちがある方には、一読をお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本お金の現実

2005/04/14 10:49

内容紹介

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ダイヤモンド社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「お金の専門家」である超人気実務家が真面目に書いた、お金の本。
「楽して」儲けるための方法はどこにも書かれておりません。「すぐに」儲ける方法もどこにも書かれておりません。ましてや流行の「ニューエイジ」的“すべてうまくいく”という綺麗ごとの思想も皆無です。でも、本書には、ファンタジーではなく、現実にお金持ちになるための思考法が惜しげもなく詰め込まれています。
簡単に読み始められるのに、読後は思ってもみなかった高みへ誘導されていく、「入り口は低く、出口は高く」という高い教養性とエンターテイメント性。
一見脈絡のないことを書き連ねているように見えて、最後にすべてのパズルのピースがぴたりとあってくる全体構成力。安直なノウハウ主義や「楽して儲かる」話に対する、骨のある態度。
絶大な人気を誇るビジネスとマネーのリアリスト岡本吏郎の思想と魅力がたっぷり詰まった、アンチマネー本のマネー本。

■目次
第一章 お金というもの
「よのなか」の仕組み
外食という出費のファクター
好きなだけお金を使う命令
家とお金
結婚式とお金
車とお金
趣味とお金
生活コストとお金
修繕費という目に見えないコスト
「できることでもやらない」ことの効率
税金をいつも考えている男の経営の仕方
商品と作品

第二章 お金という夢を追いかけることに夢はない
「お金を貯める方法」のナンセンス
「夢」と「現実」
「バルバラ」に生きる人を起こしてはいけない
変えられるものと変えられないもの
税金という「環境」
「環境」が大事
では、税金は単に払えばよいのか?
一見、現実的に見えるおかしなこと
金融商品の不思議
エモーショナルがロジカルで、ロジカルがエモーショナル
オオカミ少年評論家
オオカミ少年は昔からいた
ロジカルとエモーショナルの狭間に
ロジカルに考えると高い住居費
エモーショナルな男の20代後半
最も不思議な存在
最後はお金の現実

第三章 お金とは何なのか?
お金は奇跡?
バナナの交換
有名な石のお話
「そのとき」が来ることを恐れるべきなのか?
偽札という不思議な存在
お金が価値を無くすとき
商人が商品を売りづらくなるとき
保管されているお金は狙われている?
お金の保存性
隣の人が気になる……
でも、隣の人が……
価値ある物は取り引きされる
「お金。」

第四章 夢は捨てて、現実的に考える
「お金の貯め方7つの鉄則」を書かない理由
安田善次郎というモデル
本多静六「私の財産告白」
おばあちゃんのふところ
長者丸
やらなければ何も変わらない
労働寿命
知識労働社会の向かう先
知識労働社会の景色
先に新しい世界を見ている人
あれ?
同じやり方は通用しない
最も重要な長期戦略
自分の頭で考える
貯まったお金は去っていく
数字と実力の本当の関係
貯金的人生とバクチ的人生

第五章 この本での結論(お金という冒険)
実務家の夢物語
「測定」というメッセージ
「警告」というメッセージ
狂気こそが力
生け贄の必然性
「循環」という最も重要な暗示
ある粉屋の話
夢話を終えて……
時間という不思議な資産
10年たって必要なもの
「循環」のキー
もっと大きなお金の効用
お金という道具

あとがき

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示