サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 みんなのレビュー

  • 越前敏弥(著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

翻訳の世界を垣間見た

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プロビデンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の、「原著者が日本語が使えたらこのように訳すだろう」、というポリシーが興味深かった。翻訳というのが、英単語を和訳するだけではない、もっと奥の深い次元が隠されている複雑な変換であるんだと実感した。AIはしばらく追いつかないかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本語で文章を書くときの有益なヒントが数多くある

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る


 同じ著者の前著『越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 (ディスカヴァー携書)』の姉妹編です。
 前著は大学受験生や学究の徒向けの英文法解説書的色彩が強いものでしたが、今回は著者がこれまで翻訳してきたミステリー小説から文章を取り出して翻訳のコツを解説していくのが特徴です。

 私自身は翻訳業に携わる者ではありませんが、本書を読みながら、翻訳というよりもそもそも日本語で文章を書く上での有益なヒントを得られました。
 過去の出来事を描写する場合、英語原文の動詞がすべて過去形であるからといって日本語でもすべて過去形で訳すと、文末が常に「~た」となり、単調な文章になってしまいます。著者は、たとえ英語原文が過去形に終始していたとしても日本語訳では、人の動作や物の状態を客観的に表現する場合は過去形を、そして視点人物の見たものや聞いたこと(さらに、頭のなかで考えたことを)主観的に表現する場合は現在形を用いることを勧めます。
 これなどは、今後日本語で文章を書く場合、実践してみたいと強く感じたところです。

 この本の中で著者は、インタビューに答える形で、自身が翻訳家としてデビューして以降のこれまでの道のりを述べていて、この部分が大変興味深く読ませます。
 翻訳家の収入が、出版された作品の売れ行きに大きく左右されること。長期間かけて仕上げた翻訳作業の見返りが1冊70万円であるというのでは確かに暮らしていくのは大変です。著者の場合はダン・ブラウンという破格のベストセラー本の翻訳に携わったので生活には困らなかったようですが、著者の言う“翻訳家残酷物語”ともいえる経験談は、これから翻訳で食べていこうと考える若い人たちに二の足を踏ませることでしょう。

 二点だけ気になるところを記しておきます。
 著者はロバート・ゴダード『惜別の賦』の一節「the pale pink golfballs sold in supermarkets」を「スーパーマーケットで売られているあの薄赤いゴルフボール」(22頁)と訳しています。ですが、受動態「sold」を「売られている」と訳してはならないと私の世代(1960年代前半の生まれ)は中学で習ったものです。日本語では「売っている」という表現で英語の「be sold」を意味することができます。「売る」を受動態にして使うのは「黒人が奴隷として売られている」という場合のように、売り買いの異常性を強調する時くらいです。ですから日本語で「(物品が)売られている」と受動態で表現するのは、英語の悪しき影響だと教えられたものです。

 117頁に「わたしの訳では、第6文で否定と肯定をひっくり返してみました」とありますが、「第6文」ではなく「第7文」の誤りだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

正確な翻訳を目指す

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:J.W - この投稿者のレビュー一覧を見る

前著「日本人なら必ず誤訳する英文」と異なり、翻訳のための一冊になっています。著者が訳した「ダ・ヴィンチ・コード」の英文も扱われているので、文芸翻訳に関心のある方には一読の価値があると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。