サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(0820-23)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍

やさしい束縛【イラスト入り】 みんなのレビュー

  • 真船るのあ, イラストレーター:高座朗
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本やさしい束縛

2007/02/10 17:59

相互依存系介護型恋愛からの脱却

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hamushi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 これまで私が読んだ真船るのあ氏の作品は、異質な二人が出会った瞬間ひとめ惚れ、あとは甘酸っぱく、時には苦甘くドラマチックにすれ違いながらも、お互いの思いを確認し、最後には超極甘のハッピーエンドで、読者の脳も砂糖漬け…という展開において、ほぼ共通していたと思います。でもこのお話はちょっと違っていました。
 職を失い、喫茶店でバイトしながら暮らす優季が、店の客であるエリート医師に見初められるという、お話冒頭での恐るべき美形同士の衝撃の出会いおよび一目惚れは、いつも通りなのですが、四十ページ過ぎには、早くも両思いであることを確認。そしてあっという間に果てしなく甘いだけの同棲生活へとなだれ込みます。
 なんかおかしい、これはちょっと早すぎると、読者には警告灯が見えるのですが、甘さに溺れる優季はそれに気づかず、恋人である神宮寺が自分を愛してくれていると信じて疑いません。
 しかしやがて神宮寺の愛し方のいびつさが、すこしづつ優季にも見えてきます。
 早く一人立ちしようとしていた優季に、将来のためにと有名大学への進学を勧めて学費を提供し、家庭教師として自分の弟であるT大生の涼を呼び寄せたまでは、一見筋が通っていますが、バイトをやめさせて世間から切り離し、外出時には居場所を探知できるGPSつき携帯電話を持たせ、頻繁に電話やメールを入れて様子を尋ね…どう考えても、これは体のいい軟禁です。さすがの優季も心に軋みを感じ始めるのですが、依存と恋着の区別がつかないまま、神宮寺の言いなりの生活に浸りつづけ…そしてある日、涼と神宮寺との電話を立ち聞きすることで、彼らがひた隠しにしていた、とんでもない真実を知ることになります。
 やっぱり早すぎる展開には裏があったかと、読んでる側は納得しますが、優季にしてみれば、信じていた神宮司の愛情が偽物であり、自分の存在は失ってしまった別のものの代償に過ぎなかったと証明されたようなもので、受けた衝撃の強さは計り知れないものがあります。それでも神宮寺さえ幸せならと、しばらくは事実を知ったことを隠して同棲を続けますが、やがて心身共に限界が来て、自ら神宮寺の家を去り、実家へ。しかし神宮寺は優季を追ってくることもなく…。
 バランスの悪い依存の関係は、いかに真実の愛情を含み、極甘に味付けされていようとも、物を見る目を曇らせて人の成長を止める毒にしかならないものです。優季は痛みとともに、身をもってそのことを知るのですが、やがてその毒を中和して愛情のみを生かす道を、自ら見つけ出すことになります。その結果訪れるエンディングを、好ましいと思うかどうかは、読む方によって判断の分かれるところかもしれません。
 正直なところ、私が優季の親であるなら、あまりにも自分本位な思いで優季を縛って傷つけた神宮寺とは、きっぱりと縁を切って、新しく自立した人生を打ち立ててほしいところです。神宮寺とて優季に去られて反省はしたでしょうが、見かけ上は優季を依存させていたようで、実のところ自分が優季の人生に取り憑いて監禁して生き血をすすっていたような関係であるわけで、支えを失って孤独に陥るたびに、飲んだくれて自己コントロールを失うようなところも、大事な息子を嫁に出す(?)相手としては、重大な減点ポイントです。セレブな医者だろうと何だろうと、おとなげありません。幼稚です。なにより気に入らないのは、洋服から何から、優季の好みも気持ちも聞かずに湯水のように買い与え、優季が風呂に入れば一緒に入って優季にはなにもやらせず全身くまなくナメるように洗い上げ、着替えもすべて自分がやり、爪まで念入りに切ってやるっていうのは、献身でも愛情でもなく(もちろん介護でもなく)、愛玩の領域さえ飛び越えて、すでに立派な変態です。いくら美形でも、こんな医者、いやです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示