サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

【集英社】週刊少年ジャンプ50周年記念読書マラソンキャンペーン(~7/31)

電子書籍

千年投資の公理 ──売られ過ぎの優良企業を買う みんなのレビュー

  • パット・ドーシー(著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

人は生まれながらにして、不公平である。

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リーマン・シスターズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 まずは認めることから始めたい。著者は言う「人生が公平だと思ってはいけない」と。ここを覆い隠すと、ただでさえ見えない市場が、幻想の中の御伽噺となる。公平だと思い込みたい気持ちが判断を誤らせる。もともと公平ではない。このアンバランスが市場の波を作っている。チャンスも、情報も、資金力も、決断力も、知識も、スキルも、頭のよさも、何もかもが不平等であることが、原動力となっている。けっして悪いことではないのである。人はないものねだり、公平でないからこそ、公平を願うのである。

 本書は銘柄選びの、古くて新しい観点から書かれている。テーマは「堀のある企業」。「堀」とは城の周りの「お堀」のイメージだ。これがある企業は強いと。何をもって「堀」とするかは本書に譲るが、「長い時間をかけて構築されたビジネス上の構造であって、ライバル企業が模倣するのは非常に難しい」と力説されている。
 うわべだけまねても「たとえ口紅を塗っても豚は豚でしかない」と辛らつに批判している。

 美味しいジャガイモを作るには、まず小麦を長い期間畑で栽培し、その後にジャガを育てるのが王道だが、昨今では、美味しいジャガイモの種を準備もされていない土地に植えて効率化だと賞賛し、結果、育たず失敗する例が増えている。日本風に言えば「地道な企業」が、結局、生き残るといいたいようだ。

 ただし、株式運用という点からみると、いささか違ってくる。このような良い企業の株価は、えてして「鳴かず飛ばず」になりがちだ。いわゆる「自分だけが見つけた優良株、誰も見向きもしなければ、株価は万年低迷状態」だ。良い銘柄が公平に上がるとは限らないのが相場の面白いところでもある。
 毎年の確実性の高い配当狙いの目的ならかなっているが、キャピタルゲインはあまり望めない。

 しかし、生き残る企業ととらえれば、投資というより就社にはよいかもしれない。強固なビジネスモデルにしっかりとした社員教育、派手ではないが力強いモチベーションの維持。「堀があれば、社長は二流でも勝てる」と本書は説いている。これほどまでに強い「堀」とはなんだろうか。日本における官僚組織の強さをイメージさせる。そこに入れるかどうかは別であるが。もちろん平等かどうかは別にして。

 せめて、株式投資における自分の「堀」を是非持ちたいと強く感じた一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示