サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1019-21)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

電子書籍

百歳 みんなのレビュー

  • 柴田トヨ(著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本百歳

2011/11/14 08:11

ありがとうをあなたに

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 処女詩集『くじけないで』が150万部の大ベストセラーになった柴田トヨさんの第二詩集。書名のとおり、百歳になられた柴田さんのやさしさにあふれた詩集です。

 柴田さんの詩集がこんなにもたくさんの読者を得たのはそれなりの理由があったと思います。
 まず、柴田さんが百歳という高齢でありながら、詩作を始めてまもないという話題性です。日本は世界でも類をみない高齢者大国ですが、さすがに百歳となると、みんながほおぉとため息のでる年齢です。その年齢で新しいものに挑戦する姿にひかれます。
 つぎに、柴田さんの詩の、メッセージのつよさです。
 この詩集には東日本大震災のあとに書かれた詩が数篇掲載されていますが、被災された人々への思いがつよく伝わります。
 「被災地のあなたに」という詩の結びは「不幸の津波には/負けないで」とあります。
 それは、言葉の平易さと関係しています。柴田さんの詩に難しい言葉はありません。平易な言葉でできています。その分だけ、メッセージ性がつよくでているように思います。

 この詩集でおもしろいと感じた連作の詩があります。
 埼玉県警察「振り込め詐欺防止ポスター」に寄せて書かれた詩です。ひとつが、振り込め詐欺犯にむけたもの、さらに振り込め詐欺に合わないための自戒の気持ちをつづったもの、そして、もうひとつが被害にあわれた人にむかって書かれたものです。いずれも、柴田さんのやさしい気持ちがふんわりとつつまれています。
 そういうふんわり感こそ、百歳の柴田さんの詩のもっともすぐれた特長かもしれません。

 柴田さんは「やさしさ」という詩のなかで「歳をとると/やさしさが/ほしくなるの」と書いていますが、高齢者の人たちだけでなく、誰もがやさしさがほしくなる時があります。柴田さんの詩集はやさしさをくれるのです。百歳の柴田さんから私たちはやさしさをもらっているのです。
 ありがとうというのは、私たちなのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本百歳

2015/10/27 12:00

トヨさんは、おばあちゃんの顏も、おじいちゃんの顏も知らない私の、とっても優しいおばあちゃんです。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ひとつひとつの、トヨさんの呟きが、私の事を心のそこから励まし、そっと叱ってくれます。二冊の本が私の宝物。相田みつをさんはわたしのもう一人のお父さんですが、お二人とも、苦労はしても天上の大空を見上げてごらん。自分の悲しみや存在がちっぽけでいとおしくなるよ、と支えてくれてるような気がします。そう、亡き私の父や母とともに…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本百歳

2011/09/22 11:39

一冊の詩集が少子高齢化時代の不安を癒すか?

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗山光司 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 敬老の日に老母や仲間たちから評判の良い大ベストセラーズになっている詩集『くじけないで』に続く第二詩集『百歳』を購入してしまいました。店頭のいたるところに陳列されていた。老母に渡したら、すぐに読み終わって老人仲間たちで回し読みしている。『くじけないで』もそうやってみんなで読んだのに150万部売れ部数とは、ひょっとして読んだ人は200万人超えかと想像したくなる。
 僕としては詩集の中身以前に「社会現象として」90歳から詩作を始めたトヨさんの「詩集」が何故ここまで人々の心を惹きつけたのか興味津々で分析したくなる。
 読んだお婆ちゃんに感想を聞くと素直に涙を流し、感動している。老母なんか自分の体験と重なるところが多いと、トヨさんに親近感を覚えている。でもねぇ。いまのところ読んだお爺ちゃんにお目にかかっていない。僕のように読んだ爺がいても感想を述べるのはなんか恥ずかしいところがある。感動はしてしまうのです。「お婆ちゃんはスゴイ!」って単純に…やはり、「女の一生」の物語が基底にあってのきらめく詩の言葉でしょう。
 《/美空ひばりが大好きでした。船村徹先生が作曲した「別れの一本杉」の作詞者、高野公男さんの歌詞や美空ひばりの「哀愁出船」や「哀愁波止場」「悲しい酒」などのいろいろな曲の言葉の綾に感心し、歌詞ノートに書き写したりしていました。歌謡曲の詞をかみしめながら聴いているうちに、幸せな気分になったり、切ない気持ちになったり、そして、「明日からまた頑張ろう」と思うことができました。/私の詩は、「しまいのところ」でひとくくりつけちゃうんです。難しい言葉は一切使わないで、やさしい言葉で書くようにしています。いらない文句は全部省いて、必要な言葉だけで、「用が済む言葉」だけで作っていくんです。これがなかなか難しいです。でも、難しいから楽しくもあるんですね。p88》
 この詩集には「やさしい」という言葉はふんだんに登場します。「思いやり」と「やさしさ」でこの世がまわれば確かに素敵です。ハッピーになるなら何度も何度もリフレーンしましょう。歌いましょう。
 でも、爺は「男の文化・物語」を症候的に内在化しちゃってるのか、「そうは言ってもねぇ、なかなか相田みつをになれません」と項垂れる。
 僕はのど元にひっかかっているシリアスなトゲを吐き出して「辛辣な言葉」を投げつけてみたい気もするけれどやっと思いとどまる。巣鴨の「とげぬき地蔵」さんでいいではないか。爺たちは女たちを抑圧した「罪と罰」でとげぬき地蔵さんになるのもよいかもねぇ。
 ≪流行(p14)/世界の何処かで/今も 戦争が起こっている/日本の何処かで/いじめも起きている/やさしさの/インフルエンザが/流行しないかしら/思いやりの症状が/まんえんすればいい≫
 世界の貧困・排除の「南北問題」も「民族問題」も「エネルギー問題」も「優しさと思いやり」で処方できるほど世界が単純ならいいなぁとは思う一方で、処方の答えはない、ただ、最適化を求めて臨床的に更新するだけだ。ユートピアの哲学は差別・排除を内包しているという「繊細さ」は詩人にとって特に必要だと思う。
 答えのないあらゆる問題は「おもいやりとやさしさ」で届かない「社会システムの問題」なんだと嫌味を言ってみたい気がするわけです。でもそんな固いことではなく、一過性の流行でもいいから「思いやり」と「やさしさ」が格好のいいファッションとして流通することは否定しない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示