サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

LINE Payキャンペーン(~7/31)

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

不完全な自分を受け入れる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビは娯楽だけではない。時には教養だってある。
 NHKEテレで長年続いている番組に「100分de名著」という25分番組などはその最たる例だろう。
 毎月一冊25分×4回分、100分で、古今東西の名著を解説している。
 今年(2016年)の2月に放映されたのがアルフレッド・アドラーの『人生の意味の心理学』。講師は『嫌われる勇気』などの著作がある岸見一郎さんだった。
 アドラーという心理学者は全然知らなかったのだが、のっけから驚いた。
 私たちはよくあることの帰結を過去の原因に求めるが、アドラー心理学では帰結を求める目的があるのだという。
 つまり、その目的を変えれば、未来を変えられるというのだ。

 アドラーの心理学の本は現在書店では花ざかりだ。
 この本もそのうちの一冊だが、とても読みやすかった。
 アドラー心理学では「100分de名著」でも単に先ほどの目的論だけでなく、「課題の分離」や「共同体感覚」といったことが記されているのだが、その究極はいかにして幸せな生きることができるかがまとめられていると思えばいい。
 この本でも終盤、「私たちを幸せにするのは、収入ではなく、日々の充足感」と赤い色で記されている。
 つまり、その「充足感」をどのように手にいれたらいいのかを記した心理学であるといえる。

 この本で特に注目した章がある。
 それが「変わりたいのに変われない自分」という章で、上記の「目的論」を説明している章といっていい。
 いろんな言い訳をアドラーは「自己欺瞞」と呼んだというところから始まり、何故自己欺瞞してしまうのかを分析し、その解決方法を記している。
 解決方法を書いておくと、「不完全な自分を認め、受け入れること」とある。それができないから悩んでいるという人もいるだろうが、「自己嫌悪を感じてしまうということは、あなたがより良い自分を目指しているということの証拠」という言葉に勇気づけられて、「受け入れる」しかない。

 本書にはその他にも「イライラする自分」をどう抑制するか、「子育てに正解はあるのか」といった章もある。
 アドラーが果たして劇薬かどうか、自身の扱い次第だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示