サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

電子書籍

ヤバイ!国際経済 みんなのレビュー

  • 三橋貴明(著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

いまいちピンと来ない中国経済の実態について

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:でこ介 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本当に中国経済はヤバイのだろうか?
日々ニュースで報道される悪質な中国製品やチベット暴動、そして反日デモ。
確かに色々と問題はありますが、本当にそんなにヤバイのか?
大きな国だし、急成長の際には様々な歪みや軋轢も生じるのでは?
半分疑いつつも面白そうなので「高みの見物」気分で読んでみましたが、その内容は中国のみならず日本の暗部にまで光を当てた衝撃の“事実”でした…。

本の半分近くは世界経済について語られています。
アメリカの「サブプライム問題(低所得者向け住宅ローン)」、そしてそれを世界中に拡散させた「証券化手法」。
しかしこれらの崩壊が、「世界経済歪みの解消過程」なのだという言葉がとても印象的です。

「中国最悪の輸出品は数字」
なぜ、世界経済から語られるかと言うと、中国政府の発表する様々な数字が“信用できないから”です。
やむなく、貿易相手国の数字から中国経済の実態を炙り出そうというわけですが、その内容はとても日本では考えられない様なデタラメなものでした。

更に本書では、中国経済崩壊の元凶である「中国共産党」の実態についてや、日本メディアによる首をかしげるような報道、また「円高の是非」や「日本の内需・外需」についても疑問を投げ掛けています。
TVや新聞などでは決して語られそうにない世界経済の真実・タブーについて知りたい方にオススメです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示