サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

みんなのレビュー

  • 著者:宮尾 登美子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本蔵 下

2002/07/16 20:55

強さ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アセローラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

烈は失明という障害にも負けず、あきらめかけていた働くこと、結婚することも実現させた。烈には少々のことではあきらめない強さがある。目が見える人間は当たり前のように毎日を暮らしているが、突然暗闇の中に放り出されたら烈のように生きていけるかどうかわからない。人間にとっての幸せを深く考えさせられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本蔵 上

2002/05/29 03:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジョアンナ・ナビル - この投稿者のレビュー一覧を見る

雪深い新潟の酒造蔵元が舞台。
両親の愛と期待を一身に集めた女の子・烈。
不幸な失明という運命と闘いつつ、
ひたむきに、華麗に、愛と生きる勇気を
持ち続けた彼女の、至純の物語。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本蔵 上

2002/03/24 21:17

おんなたちの群像

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:凛珠 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 NHKドラマの「蔵」を観て原作に興味がわき、初めて宮尾登美子氏の小説を読むこととなった。
 女流の大家(有吉、大原、津村、平岩、……)の小説は、男性不信的な内容というイメージがあった。本書も蔵元・田乃内家の当主・意造が、亡き妻の遺言をしりぞけて若い妻を娶るなど、「やはり……」と思わせた。しかし、意造が悪人ではないということは最初から分かっていた。芸者あがりの若い後妻・せきも、本来なら敵役でしかるべきなのに、どうしても憎めないどころか、哀れに感じてしまう。意造の母・むらも、せきのことは憎むものの、前妻の賀穂が立派な子どもを産むことが出来なくても、嫌味を言ったりはしない。
 悪い人間が一人も出てこず、それだけに不器用に物語が進む。彼らの中で、盲目の娘・烈の、名前の通りの気性の激しさが壮烈だ。烈の叔母で意造を密かに慕う佐穂の健気さも好い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。