サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

死刑執行人の苦悩 みんなのレビュー

  • 大塚公子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本死刑執行人の苦悩

2000/12/24 16:06

死刑への第3の視点

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:dakara - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本には死刑制度があります。死刑判決が出たり、実際に死刑が執行されるたびに、死刑の正当性が議論されます。
 これまで、死刑の正当性、違法性に関しては、死刑囚の視点と被害者家族の視点というもっぱらふたつの視点から論議されてきました。
 しかし、本書のタイトルからわかるように、実際に死刑を執行する側の視点から論議されたことはなかったように思います。
 命令とはいえ、人の運命の幕を下ろさなければならない人たち、彼らはどのように死刑制度を考えているのか、また上からの命令と死刑囚のはざまで、何を考え(苦悩)ているのか、それがよく伝わってくる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本死刑執行人の苦悩

2004/11/27 00:21

宅間守死刑囚の死刑執行に際しても

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しおっち - この投稿者のレビュー一覧を見る

たしか大学1年ぐらいの時に先生から聴いた「死刑を執行する人たちは、死刑をどう思っているだろうか」という話。
それまで執行する人の立場に立って「死刑」を考えたことのなかった私は自分の視野の狭さを思い知り、恥ずかしくなり…
以来、死刑について自分なりに考え続けている(つもり)。

先日、池田小事件の宅間守死刑囚が、刑の確定後1年足らずで本人の望んだ死を迎えた。
この死刑に際しても、私たちには計り知れないような苦悩を強いられた人びとがいる…。

たくさんの人に読んでもらいたい一冊。

◆大阪池田小学校事件のまとめ@Yahoo!ニュース

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本死刑執行人の苦悩

2002/07/27 20:18

誰にも言えぬ苦悩

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mypenlai - この投稿者のレビュー一覧を見る

死刑囚を取り上げた本は多いが、執行する側の視点に立った本は少ないのではないだろうか。世の中には様々な職業があるが、死刑執行人は小説か物語の世界の職業ではないかと思えるときがある。が、しかし死刑囚がいるからには死刑執行人も現実に存在するのだ。死刑囚が、悩み、苦しみ、怖れながら最後の瞬間を待つように、死刑執行人もまた、その最後の瞬間の訪れに苦悩している様子が、著者とのインタビューを通じて伝わってくる。死刑を受ける側も執行する側も、立場は異にしていても、どちらも苦悩を抱えている存在なのだと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本死刑執行人の苦悩

2002/07/18 10:41

苦しみを知る苦しみ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りさこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

死刑を執行すれば、死刑囚は死ぬ。死刑囚は死ぬ前に手記を書いて出版することがある。どんな犯罪を犯したのか、どんな人間だったのか、どう育ったのか。いろいろなことが明かされる。
また、被害者やその家族が本を出すこともある。残された者の悲しみや苦しみを綴る。
では死刑執行人はどうか。私たちはこの立場の人の苦しみを知らなかったのではないか。仕事とはいえ人を死なせなければならない。サラリーマンのように日々をこなすのとは話が違う。この人たちがどの様な仕事をしているのか、どの様に感じているのかを知る大切な一冊である。
日本から死刑がなくならない限りこの人たちの苦悩は続くのだ。死刑が必要かどうかとう議論とは別に、とても心が痛い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。