サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

グラスホッパー みんなのレビュー

  • 伊坂幸太郎
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.9

評価内訳

高い評価の役に立ったレビュー

電子書籍 グラスホッパー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/09/28 19:48

テンポ良く進む洗練されたストーリー

投稿者:joe - この投稿者のレビュー一覧を見る

3人の登場人物が代わる代わる語り部となってストーリーが進んでいく。
それぞれが個性的でキャラ設定がわかりやすいので、
ややこしくなることもなくスムーズに世界観に入っていくことができる。

そしてその3人を取り巻く登場人物たちも非常に魅力的。
絶対的な悪党、情報屋、「押し屋」「劇団」「スズメバチ」といった、
裏の世界のグループ。
男子的には少しかっこわるい「蝉」や「鯨」といったコードネームも、
ミステリアスな印象を残し世界観を構築するピースになっている。
ノワールな世界観を重くなりすぎずに読ませる文体は、
伊坂氏らしくて個人的に好みであった。

展開は、余計な要素をそぎ落として必要な部分しかない、というくらい
凝縮されているように感じる。
3人の視点は徐々に近づき、やがて重なっていく。
それがとてもテンポよく小気味よく進んでいくので、
スリリングな展開がありありと浮かび、映画を見ているようだった。

ちなみに『オーデュボンの祈り』に登場する人物が本作にも登場。
オーデュボンを読んでから本作を読むと、少しニヤニヤできるのでオススメだ。

ラスト、律儀に伏線を回収しながら登場人物の行く末を暗示するような描写があり、
いま、とてもモヤモヤしている(いい意味で)。

そんなわけで、続編を読まないわけにはいかなくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

低い評価の役に立ったレビュー

電子書籍 グラスホッパー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2012/10/10 14:06

無理矢理感満載。

投稿者:byaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

評価が高かったので、期待してましたが
ストーリーも面白みに欠け、致命的だったのは
主人公以外の登場人物たちに感情移入できなかったこと。
重要な人物である寺西という男を含め、各登場人物たちの像があまりにも曖昧すぎる。
終わり良ければすべて良しと思い、最後まで期待してたのですが… 白けました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

16 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍グラスホッパー

2017/03/08 17:38

今までにない暗殺ミステリー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くらのすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今までにない種類の暗殺者が登場し、それは政治、経済、ヤクザの各世界が並行して展開
そして次から次に展開するリズムは、さすが伊坂ワールドです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍グラスホッパー

2016/01/03 09:09

槿がかっこいい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yumi - この投稿者のレビュー一覧を見る

物語の後半に行くにつれて面白くなっていきます。謎解きという感じの本ではないけれど、悪い奴がどんどんやられていく姿を見るのは痛快です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍グラスホッパー

2015/09/28 19:48

テンポ良く進む洗練されたストーリー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:joe - この投稿者のレビュー一覧を見る

3人の登場人物が代わる代わる語り部となってストーリーが進んでいく。
それぞれが個性的でキャラ設定がわかりやすいので、
ややこしくなることもなくスムーズに世界観に入っていくことができる。

そしてその3人を取り巻く登場人物たちも非常に魅力的。
絶対的な悪党、情報屋、「押し屋」「劇団」「スズメバチ」といった、
裏の世界のグループ。
男子的には少しかっこわるい「蝉」や「鯨」といったコードネームも、
ミステリアスな印象を残し世界観を構築するピースになっている。
ノワールな世界観を重くなりすぎずに読ませる文体は、
伊坂氏らしくて個人的に好みであった。

展開は、余計な要素をそぎ落として必要な部分しかない、というくらい
凝縮されているように感じる。
3人の視点は徐々に近づき、やがて重なっていく。
それがとてもテンポよく小気味よく進んでいくので、
スリリングな展開がありありと浮かび、映画を見ているようだった。

ちなみに『オーデュボンの祈り』に登場する人物が本作にも登場。
オーデュボンを読んでから本作を読むと、少しニヤニヤできるのでオススメだ。

ラスト、律儀に伏線を回収しながら登場人物の行く末を暗示するような描写があり、
いま、とてもモヤモヤしている(いい意味で)。

そんなわけで、続編を読まないわけにはいかなくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本グラスホッパー

2019/06/30 21:35

グラスホッパー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱーぷる - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画、グラスホッパーを観たことがきっかけで原作を読んでみたいと思いました。映画を観ていたので、情景が浮かびながら読み進めることができました。伊坂幸太郎先生ワールドが広がっていました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本グラスホッパー

2019/06/14 09:44

面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ftttsrikkg - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂幸太郎の作品ははじめて読んだのですが、話の進みかたは自分にとっては読みやすくて最後まで手が止まることなく楽しむことができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍グラスホッパー

2019/06/13 18:53

殺人のストーリーが巧妙で一気に読み切ってしまった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:@rikkha - この投稿者のレビュー一覧を見る

様々な殺人事件と人間の想いが重なり合っていくストーリー。
押し屋、自殺屋、殺人屋など多彩な人物が登場して、思い出しながら読み進めていくことになり、
後半になると登場人物が出会い、個人の特徴をだし、殺人になっていく。
一方で人間の心情や想いなども巡り、最後まで面白いと感じ、一気に読み切ってしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本グラスホッパー

2019/01/28 15:11

殺し屋ってたいへん

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:CHANRIE - この投稿者のレビュー一覧を見る

妻の復讐を目論む鈴木と、2人の殺し屋、非合法な組織「令嬢」それぞれが、押して人を殺す殺し屋“押し屋”を追う。
伊坂さんの小説は情景がリアルに想像できる。
だからちょっとぐろいけど、緊迫感があって好き。
登場人物のキャラがたってて読んでても迷わず読みやすい。
所々の伏線が最後気持ちよくつながる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本グラスホッパー

2018/05/05 11:53

瀧本智行監督映画化原作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

妻を殺害された男の復讐への執念と、3人の殺し屋のぶつかり合いが迫力満点でした。人畜無害な群衆が、突如として暴徒化するような危険性を感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍グラスホッパー

2016/04/29 14:03

たしかに!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かず - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白かったです。
予想してなかった・・?いや、予想してた・・?
終わり方で、
複雑な内容でしたが、面白かったです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍グラスホッパー

2015/10/09 03:42

面白かった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:moco♪cat - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後の最後までドキドキしました。裏の世界の話と思いきやファンタジー的な要素も含み楽しめました。その後が気になるキャラもいるけど、何か達成したような満足感を感じています。とても不思議。登場人物達は残酷なことをしているのに、あまりそう感じさせないのは何故か。でもだから最後まで読むことができたのだけれど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍グラスホッパー

2015/08/31 13:55

ザッピング

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みるお - この投稿者のレビュー一覧を見る

1つの事件を巡り、関係者それぞれの視点でザッピングされながら物語が進行。終盤の展開進行スピードは秀逸。最後がややもやもやした感じなのが残念。読む価値はアリ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍グラスホッパー

2014/04/13 20:26

マリアビートルを読む前に

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

マリアビートルを読んだ後、読みました。伊坂ワールドの斬新さの原点がわかるのですが、マリアビートルがショッキングだったため、若干、迫力に欠けたように感じました。グラスホッパーを読んでマリアビートルを読むのをお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本グラスホッパー

2017/10/26 20:36

魅力的な犯罪者たち

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂さんは犯罪者を主人公にした話が多いですが、皆、魅力的で、人間臭い人が多く、そこがいいところです。今回は、自分が殺した亡霊に悩まされながらも、自殺をさせるのが得意な人、ナイフを使うのが得意な人が登場!途中までの話が面白かっただけに結末はややあっけなく感じ、ちょっと残念な気がしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍グラスホッパー

2015/11/24 10:21

ぞくぞくはするけども

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しまんちゅ - この投稿者のレビュー一覧を見る

キャラ設定が際立っていて、個性の強い登場人物の行動でどんどんストーリーが進んでいく。ただそのバックボーンがあまり垣間見えないのでとっつきにくいことも否めない。展開としては今後も無限に広がるイメージを感じた

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍グラスホッパー

2015/09/01 22:19

おもしろいが、途中から期待はずれ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はな - この投稿者のレビュー一覧を見る

疾走感ある展開。さすがは、伊坂幸太郎である。おもしろく読み始めたが、途中から、主人公・鈴木の言動にイライラさせられ、ページをめくるスピードが減速。鈴木の間抜けさは、危険と背中合わせな日常に対して自覚の薄い我々への作家からの警鐘とすら思えてしまったからだ。ほかの主人公たちの残虐さや、物語の展開よりもよりもその辺りに引っかかってしまい、いまいち小説の世界にのめり込めなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

16 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。