サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍

四畳半神話大系 みんなのレビュー

  • 森見登美彦
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.2

評価内訳

19 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍四畳半神話大系

2015/09/10 20:55

大学生は読んだ方がいい

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:泉野麻二 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大学生活に淡い希望を抱いたものの、いざ3年生になってみれば満足とは言えない結果に…という今どきの大学生が主人公。
結局どこでも出てくる悪友やら、どう転んだって満足いかない学生生活やら。

結局のところ、どう転んだって大して結果は変わらなかったり、満足いく人生というのはそうそう送れないのかもしれないと思えた。
そういう気持ちをモチーフにした良い作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本四畳半神話大系

2019/04/22 00:17

幾度繰り返そうともも変わらない芯がある

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読人不知 - この投稿者のレビュー一覧を見る

人生は選択の連続です。
 人は誰しも「あの時、あちらを選んでおけばよかった」と後悔と共に選択の誤りを振り返る瞬間があります。

 本書には、「あの時、あちらを選んだ」分岐ルートが幾つも登場します。
 どのサークルを選んでも、関わるメンツはどのルートでも同じ。
 関わり方の程度や種類、立ち位置が変わっても、主人公の「私」の性格や行動原理が変わらない為、なんともアレな展開は避けようもなく。

 実は「私」の目を通して見た小津君こそが主人公なのではないかと錯覚する程、小津君の活躍と関与、影響力は大きく、これこそが運命の出会いと強力な縁(えにし)であって、分岐ルートに見える選択肢の数々は、ほんの些末事に過ぎなかったのだと掌の上で転がされた気分になります。
 全体を通しで読んで、再読すると、人の縁の奇妙な力に思いを馳せたくなる多重構成です。

 読めば読む程、主人公のアレな性格が浮き彫りになり、悪縁奇縁に絡めとられた周辺人物たちの幸せを祈らずにはいられません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本四畳半神話大系

2018/10/28 22:32

京都に行きたくなる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひいらぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニメ化もされた有名な小説ですね。
この本を読んでいくと京都の色々な場所で問題が起こっていくため、実際の京都をしっているとより楽しめること間違いないです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本四畳半神話大系

2018/08/08 22:40

大学生の頃を思い出す、が、ここまでじゃなかった(笑)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つきたまご - この投稿者のレビュー一覧を見る

有名な本ではありましたが、読まず嫌いでここまで来ていました。しかし、旅行で京都を訪れるにあたり、行く道で読もうと決意し、手に取りました。まさか、ここまで面白い本だったとは!
アホな大学生が主人公で、「あの時こうしていれば、こんなことにはなっていないのに!」と後悔しながら四畳半のボロアパートに生活している話です。後悔してる割には、結構楽しそうな学生生活を送っているようにも見えますが(笑)本自体は4つのお話から構成されていて、それぞれがパラレルワールドになっていて、前の話と比較しながら読めて楽しかったです。特に、最後の話の伏線回収能力が凄まじかったです。
登場するキャラクターが皆個性的で、ドキドキしっぱなしでした。
実在の喫茶店や京都の場所が出てくるので、京都を知る人や観光する人は、より楽しめるかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本四畳半神話大系

2018/05/24 10:00

薦められてなかったら読まなかったかも

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぷにょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙の中村祐介さんのイラストはずっと気になっていた。ちらっと見た作者の名前も気になっていた。「森見登美彦」って、どこで区切るの?なんて読むの?でも、そのままにしていた。
最近になって友人から是非にと薦められた。面白かった!素晴らしい出会い!こんな読書体験、嬉しいよね!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本四畳半神話大系

2017/07/26 00:23

恐るべきはちゃめちゃな哲学論?の奔流に圧倒されました。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

恐るべきはちゃめちゃな哲学論?の奔流に圧倒されました。「並行世界」を前提に、主人公である「私」が大学入学時点でどのサークルに入っても、結局は似たような人生を歩むことになるのだが、その異なる人生がいずれも各所で微妙に影響し合っているという展開にも驚かされます。時間、空間概念が狂ってきます。第1話から第3話までは環境設定の違いから展開は若干異なるが、いずれの展開でも小津や師匠とは会うし、最終的には「私」と黒髪の乙女:明石さんとは付き合うことになる。しかし、第4話は趣を異にし、「私」の住む四畳半が他の「並行世界」だけと繋がってしまい、行けども行けども同じ四畳半にしか行けないという設定である。まあ、よくよく観察すると微妙な違いが有り、その違いが1~3話の話と微妙に関連しているという工夫がにくい。しかし、この著者の文章力というか思考力の凄さには驚かされます。例えば、4話の「四畳半の旅」をいきなり「地質年代」の話に置き換えて、「二畳紀」から一畳増えた「三畳紀」、そして「私」の時代は「四畳半紀」となってしまうのだから堪らない。まあ、こんな調子でその文章力だけでも十分に楽しめます。(詳しい解説は、ウィキペディアにあるのでそちらを参考にするとよい)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍四畳半神話大系

2017/02/23 09:33

大学生ライフ無駄ばかり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

第一編なるほど、第二編おや、これ前にも読まなかったっけ?少し戻ってああ、そういうしかけね。第三編ほら、きた。もうお手の物。しかしそっか、ちょっとずつ変わって来ているんだ。第四編、なにー。四畳半から出られない??何度繰り返そうとも、登場人物は同じ。小津との友情、これはそんなに悪くないよ。言いたいこと言える仲間ってのは大切だ。主人公は「バラ色のキャンパスライフ」が台無しもいいところだ!と毎回喚いているけれど、実は意外に楽しんでいるよね。本当に打破したかったら、バイトしろ!バイト。無駄が多いのが大学生ライフさ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本四畳半神話大系

2015/10/02 20:59

のめり込む

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まるちぇ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいるうちにどんどんのめり込んでいってしまいます。同じようなシチュエーションを別視点から描いたり、はたまた全く違うように描いたりと先の予想ができません。京都が舞台となっているので、行ったことのある方はさらに楽しめるかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本四畳半神話大系

2015/08/31 00:28

非日常的な主人公の日常×4

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tika_satoru - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公のヘタレ大学生が、華の大学生活を夢見て奮闘します。
…が、悪友との出会い、へんてこなサークル活動、謎の組織などなど、主人公の周りはいつもてんやわんや。
「もしあの時に道を踏み違えていなかったら…!」という、”もしもの世界”(パラレルワールド)を、主人公が渡り歩く?というお話です。

秘められた”過去の自分の可能性”にもがく主人公に笑わされます。
勉学に励み、恋をし、気の合うサークル仲間と楽しい大学生活を過ごしたい…
誰もが憧れる、普通の幸せがこんなにも遠いものとは!

文章の書き方が独特なので、最初は難しいと感じるかもしれませんが
内容は本当にどうしようもなく阿呆で面白いので、おすすめです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本四畳半神話大系

2015/07/10 13:12

中毒性のある言葉のチョイスがたまらん

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ああああ - この投稿者のレビュー一覧を見る

明治文学のような文体で繰り広げられる 大学生「私」の馬鹿馬鹿しくておかしな生活。
全4話構成で最後まで読むと全てが繋がっていくのがまたいい。
アニメもオススメ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本四畳半神話大系

2015/01/26 22:52

おもしろい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もも - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めて森見登美彦作品読みました。
人気があるのは知っていていつか読みたいと思ってて。

最初はやっぱり文体に慣れませんでした。
でもだんだんすごいハマってく。
テンプレがあって、でもたまーーーに違うところがおもしろい。
なんだなんだ同じようなオチになるのも、人生ってそんなもんだよなーってかんじで。
でも最後の最後は、むしろ真逆になって、
でもそれがまたいい味で!

合わない人はつまらないかもだけど、
森見登美彦にピタッと合ったら、すごい面白いです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本四畳半神話大系

2018/05/20 15:54

人生は些細な決断の連続

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

凄い小説でした。
 4編の短篇で構成。大学入学時の些細な選択の相違によって、人生はいかに変化するかという深淵なテーマで、4通りの大学3年生の春を描写。同様なテーマは、いろんな小説や映画で、主にタイムスリップもの(例えば、重松氏の「流星ワゴン」)として描かれることが多いですが、個人的には本作品は秀逸でした。人生は些細な決断の連続。自らを振り返り、「あの時、こちらを選択していたら」なんて考えること自体がナンセンスだと思い知らされました。
 それにしても、森見さんの着想力は凄すぎて、圧倒されました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本四畳半神話大系

2015/09/12 21:30

有名だったから

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:miina - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニメがすきで、いろいろなところに四畳半神話大系とかかれており
賞もとっていたので信用できるかな、と思い購入。
半分くらい読んでもあまり面白くなく、レヴューに最後が面白いと書かれていたので
我慢して続読。結果、あまりおもしろくなかった。
しかし!よく京都にいくのだけど、本を読んでいる途中に京都御所だったかな?に花見へ行ったときに、近くに京大がある!ということで珍しく歩いて行った。
その道程にこの物語の舞台があって、そのとたんになんだかうれしくなった。
物語に立体感がでた。だからこの本を読むならぜひ京都にいってほしい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本四畳半神話大系

2018/11/27 00:10

さすがに四周はキツいって。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんだかんだでモリミー作品を手に取るのは五冊目です。
「恋文の技術」でどはまりして、積読も何冊かしています。
五冊目にして気がついたのですが、わたしの場合、
バカ男子系の描写に喜んでいるだけで、作品世界そのものは
そうでもないようなのです。

太陽の塔、きつねのはなしなど、書評をパスしている作品も
多いですし。

この作品は、同じ時間軸で設定を替え、ぐるぐると回る
並行世界を作っています。四話目に謎解きがあります。

個別のシーンは結構楽しめました。
明石さんへのほのかな想い。くされ縁の小津。
変態の香りのする羽貫さん。

四つの世界の入り口も、映画サークルから始まり、
宗教くさい怪しげな団体、秘密組織など中学生男子が
喜びそうなものでてんこ盛りです。
だから五冊も読み、積読もしてしまっているのでしょうね。

並行世界とはいえ、さすがに四周はきつかったです。
一ページ弱の段落章をつなぐ形式ですが、まったく同じ段落章が
各話に散りばめられていてさすがに飽きがきました。
読破できたのは、繰り返しではない中学生男子煩悩パートの
おかげです。

この作品は、モリミー好きかどうかのリトマス紙になる気がします。
長編二作目なので、特徴がシンプルに出ているのでしょう。
繰り返されるバカ話を楽しめるかどうかがポイントです。
アホだなあと中二病を笑い飛ばす作品ですから。
物語に何かのこころの動きとか、意味合いとかを
どこかで求めてしまう人には虚しさが残ります。

でも、それはそれ。氏の魅力がとてもよく出ている一冊だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍四畳半神話大系

2018/01/13 05:13

全体的に大学サークルのノリ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

全部で4話あり、その一つ一つが大学入学当初に入るサークルについての主人公の決断の違いによって導き出されるパラレルワールドとして語られます。サークルの選択肢自体既にかなりうさんくさい(映画サークル「みそぎ」、「弟子求む」、ソフトボールサークル「ほんわか」、秘密機関〈福猫飯店〉)のですが、案の定どれに入ってもいい結果にはなりません。

第1話から第3話までは、微妙に展開が異なるものの、「唾棄すべき親友」小津に出会うこと、その師匠であり、同じアパートの住人である樋口、そして彼の旧友の歯科衛生士・佐貫さん(女性、『夜は短し歩けよ乙女』でも活躍)に出会い、妙な占い師に会って、「好機を掴むキーワードはコロッセオ」のようなことを言われ、最後に賀茂川デルタにかかる賀茂大橋にいる時に大量の蛾が通り抜け、小津は欄干から鴨川へ落ちて骨折し、主人公は明石さんという女性と恋仲になるという大筋は同じなので、1話目はともかく、2話・3話とデジャヴュが多すぎて若干だれます。

それでも面白いことに、それぞれ別のパラレルワールドであるにもかかわらず、微妙に相互に干渉し合っていて、まともな理屈で理解しようとするものを翻弄します。

第4話は、上述の1~3話の重要イベントは共通しているものの、主人公が無限のパラレルワールドの四畳半が連なる世界に入り込み、四畳半の部屋から出られなくなるというミラクルな展開で、2・3話でだれた読者をガッツリ話に引き込みます。無限の四畳半の部屋たちはよく見るとそれぞれ微妙に違いがあり、1~3話との関連性もあるという工夫が面白いです。

結局どんな選択をしても「私」は「バラ色のキャンパスライフ」からは程遠く、運命の「黒い糸」でグルグルに結ばれた小津と共に無為に大学生活を送ることになることに変わりはないという身も蓋もない結論しか出ないのですね。

この小説のアイデアや構成は非常に興味深いと思いますが、全体的に大学サークルのノリのような印象がぬぐえません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

19 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。