サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

【SS/200】【集英社】【特集】【割引有】立ち上がれ!全勢力!!この夏、最大の祭典は海賊たちが盛り上げる!!劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』8.9(金)ついに公開!!原作超大量無料大公開キャンペーン!!(~8/19)

電子書籍

チョコレートコスモス みんなのレビュー

  • 恩田 陸
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本チョコレートコスモス

2018/08/24 20:24

演劇への情熱

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:6EQUJ5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ストーリーを全く知らず、他の多くの恩田陸さんの作品と同様に幻想的な作品と思って読み始めてしまいました。
しかし全く違い、これは、あくまでリアルな小説です。演劇への情熱というものが深く描かれていると思いました。また読みたいと感じた傑作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍チョコレートコスモス

2019/05/05 08:00

チョコレートコスモス

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さくら - この投稿者のレビュー一覧を見る

「演じること」は、俳優さんだけの仕事じゃあない。自分のことがわかっているのは自分なのかな?自分の小宇宙を懸命に生きている私たち。そんな私たちの生きる意味と向き合える小説でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍チョコレートコスモス

2017/05/13 13:21

面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこる - この投稿者のレビュー一覧を見る

演劇に興味がない方でも楽しく読める。
心理描写と情景描写のバランスのいい作家さんだなと感じた。とてもサクサク読めます。
このまま読み終わってしまうのが寂しいなんて感じたのは久しぶり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍チョコレートコスモス

2017/05/10 19:16

天才

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tomo - この投稿者のレビュー一覧を見る

役者について書いた物です。蜂蜜と遠雷の役者バージョンでしょう。オーディションの様子をうまく活字で表現しています。おもしろい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍チョコレートコスモス

2017/07/23 05:51

若い女優達の話

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Masetto - この投稿者のレビュー一覧を見る

書評もいいのが多かったし この作者なら大ハズレもないだろうと 買った本で まあおもしろかった。 けど 結局誰が主人公だったんだろう? というところで なんかちょっとピンボケ。 若くて才能がある女優達が 役の獲得のため戦うというところが スポーツアニメみたいでおもしろかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍チョコレートコスモス

2019/05/31 08:17

面白かった!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワガヤ - この投稿者のレビュー一覧を見る

天才たちの話。面白かった!演劇に興味がなくてもたのしめる。なんとなく、続きが出ないかなーと思わせる感じがしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍チョコレートコスモス

2017/08/20 19:40

わたしにはまあまあ、、

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

引き続き恩田さん読書月間。とにかくオススメの物語を読んでいる。が、本作品はそこまでのめり込めなかった。なんだろうか自分が舞台にあまり興味なく、知識もないということと、佐々木飛鳥という人物が突拍子もなさすぎてついていけなかったから、かな。こんなカメレオンのような子がいたらかなりびっくりしちゃう。だって自己を消して同化できるってもう魔術の世界。様々な色に染まれる訳者さんってのはすごいと思うけれど、やはり裏に努力の様子が垣間みれる方が親近感が湧く。むしろ演出側の人々の方に注目した。新人発掘の昂揚感、気持ちいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍チョコレートコスモス

2015/03/29 13:32

続きがとても読みたい本です。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

演劇に魅入られる人たちの気持ちが、その魅力が、伝わってくるようなお話でした。どんどん引き込まれて、一気に読んでしまいました。続きがあり、三部作になるという話を聞いて、とてもうれしくなって、改めて手に取りました。実は『ガラスの仮面』を読んだことがないのですが、この本を読んで、関連する記事を読んで、こちらも読んでみたいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍チョコレートコスモス

2018/12/05 09:26

作品として未完成。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『チョコレートコスモス』は、小説版「ガラスの仮面」と言っても過言ではない作品かと思います。

北島マヤに相当する素人で毛色の変わった天才が佐々木飛鳥、姫川亜弓に相当する芸能一家のサラブレットで天才と評判の東響子と、キャラ構成に被るところはありますが、「マヤ、おそろしい子」のセリフで有名(?)なマヤを見出して演技指導をする月影先生的な役どころはありません。基本的に主要人物は女性二人と、女性二人の芝居の脚本を書くことになる脚本家・神谷の3人です。その3人の周りにそれぞれ味わい深い脇役が配されています。

最初この3人はまったくバラバラに描かれ、それぞれのエピソードの関連性がなかなか見えてこないのですが、話が進行する過程で「女性二人の芝居」のためのオーディションで三人の結びつきが見えてきます。このオーディションの劇中劇がこの小説の中核と言え、そのあたりが『ガラスの仮面』を想起させるエレメントとも言えます。

非常に力強い筆致で読者を引っ張っていく力はさすが、という感じがします。

脚本家・神谷と謎の少女・佐々木飛鳥の最初の出会い、というか神谷が一方的に飛鳥のすることを観察していただけなのですが、その謎めいた感じがミステリーのようにもファンタジーのようにも見え、どういう謎なのかと思ったら、演劇ものだったという、軽く騙された感覚を覚えなくもないです。

同じ劇中劇でも山本周五郎賞受賞作品の『中庭の出来事』のほうはもっとミステリー色が強かったですが、この作品は「演劇」のほうに重点があります。

さて、この文庫のあとがきで『チョコレートコスモス』の続篇なる『ダンデライオン』に言及されていたので、2011年に連載中だったのならばとっくに文庫が出ているのではないかと思い、しかし、恩田作品はまだ読み始めで網羅してないとはいえ、タイトルは全部見ている感覚があり、『ダンデライオン』を見た覚えがないことを不審に思って調べると、連載していた雑誌『本の時間』が廃刊となり、この作品もそのまま放置されているということが判明しました!OMG!

ファンにとって一番欲求不満になる嫌なパターンですね。『ガラスの仮面』も50巻が発売予告されて、それが取り消されてからもう数年経ちます。有川浩の「シアター!」の第3弾も出る気配ありません。(T_T)

というわけで、面白くはありましたが、作品として「一応」しか完成しておらず、むしろこれから本編が始まる前座のような印象があるため、不満の残る読書となりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本チョコレートコスモス

2018/04/27 20:27

ガラスの仮面、しかし・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

演劇のお話
演劇を始めたばかりの天才少女と、芸能界のサラブレッド育ちの女優のおはなし
まさにガラスの仮面(作者自身があとがきで書いているのでパクリではない)

しかし・・・劇の内容は面白いのだが、残念ながら天才少女に面白みがない
北島マヤではないが、おっちょこちょいの普通の女の子が舞台で豹変するから面白いのである、努力して悩むから泣けるのである、淡い恋に苦悩するからドキドキするのである

舞台ではいきなり天然の天才、舞台を降りたら感情のないロボットみたいな少女では何の面白みがあるというのか?
3部作の1話目ということで、今後壁にぶつかって女優として成長するのであろうが、普段の女の子として可愛げが全くないのでは面白くなろうはずもない
個人的感想ですので、あなたが読んで判断してね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

10 件中 1 件~ 10 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。