サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

葡萄が目にしみる みんなのレビュー

  • 著者:林真理子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本葡萄が目にしみる

2002/05/17 13:48

私も目にしみたなあ…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽん太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

少女時代、少なくとも自分にコンプレックスを抱いていた私はこの本の随所に共感できる箇所を発見しました。この主人公って私?と錯覚させるほどの鮮やかな書きっぷりです! 葡萄の紫色が目にしみるような、そんな少女時代を、なつかしくも痛ましくも思い起こさせます。思春期頃をもう一度振り返ってみたい方、特にこれは女性の方におすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍葡萄が目にしみる

2018/01/20 07:04

青春のまぶしさが目にしみる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

容姿にコンプレックスを抱き、異性の目を気にしながら、男子受けのいい女子(今風に言うと、「クラスのヒエラルキー上位の女子」だろうか?)に憧れと侮蔑とが入り混じった感情を抱き、ある男子には淡い恋心を抱き、別の男子には恋とは違った意味で興味を持ち、さしたる将来のビジョンもないまま憧れで東京の大学に行き、ラジオ局に就職。30になって結婚こそしなかったけど、確固とした目標なしに上京した割には比較的うまくいった人生と言えるのではないでしょうか。

この彼女の目を通した1970年代後半から1980年代前半の世相がまた興味深いですね。高度経済成長期で、周りがみんな景気の良さを謳歌し、テレビを買ったり、電化製品を買ったり、車を買ったり、家をリニューアルしたり。でもその贅沢にどっぷりつかってるわけでもなく、乃里子の父をして「百姓が贅沢してどうする」と言わしめる程度には距離感があり、「これでいいのか」というそこはかとない不安も漂っているんですね。

自意識過剰なおデブちゃんがどう変わっていくのかな、どういう恋をするのかな、などと思いながら読んでたので、高校卒業寸前で「小川君が…」と言ってた第8章「窓の雪」から、いきなり大学時代もすっ飛ばしてすっかり「マスコミの女」になった乃里子が登場する第9章「再会」の展開にちょっとびっくりしました。ついて行けない程ではないけれど、もうちょっと彼女の途中経過を追っていきたかったのに残念という感じがしましたね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本葡萄が目にしみる

2016/11/28 15:26

青春

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひのえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

学生の思い出って特別ですね、特に恋愛は。自分たちが、どんなに狭い世界にいるかも分からず過ごしている。大人になってやっと気づき、受け入れるのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本葡萄が目にしみる

2002/07/21 21:54

青春

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アセローラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

普通の女子高生が大人になるまでの話なのですが、とにかく共感できるところがたくさんあります。異性に対しての思い込みや、女の子同士の憎み合い…。こんな風にリアルに感じられるということは、どこにでもある風景なのだと安心したりもします。青春小説とひとくくりにしてしまうのはもったいない気がする。誰もが通るみちだからこそ、年齢に関係なく読んでもらいたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。