サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

ぼくがぼくであること みんなのレビュー

  • 著者:山中恒
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

電子書籍ぼくがぼくであること

2016/03/25 00:47

子供の気持ち

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:singha - この投稿者のレビュー一覧を見る

大人の言うことが必ずしも正しいとは限らない。時と場合によっては、親よりも子供の考えのほうが正しいことがある。こんなことを子供の気持ちに寄り添って、文章に表してくれる本です。これから大人になろうとしている少年少女たちへの応援歌なのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ぼくがぼくであること

2015/08/14 10:43

大好きな本のひとつです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nom - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供に読ませたいと思って買いました。でも、自分で読んで自分にとっても大好きな本のひとつになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ぼくがぼくであること

2011/06/22 19:47

ぼくがぼくでないときもある。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

ぼくがぼくであること 山中恒(ひさし) 角川文庫

 ぼくは、ぼくの嫌いな母親から産まれてしまった。「ぼく」とは、小学校6年生平田秀一であり、家族は、学歴のない父親とこどもの生活を自身の価値観で縛りつける口うるさい母親であり、学生運動に走った長男大学生良一、母親好みの優等生役を続けられなくなった次男高校生優一、そして中学生長女稔美(としみ)、母親から命じられた秀一の素行調査のためのスパイの役割を果たした次女小学生マユミです。
 作者が作者であることの物語です。人間は、今、無いものを手に入れようとする。それを手に入れると、再び今、無いものを手に入れようとする。その繰り返しが人間の行動で、これを「欲」といいます。それが第一点です。第二点は、思想の啓発です。この文庫が発行されたのは昭和51年です。書中では封書の切手代が15円とあります。そして、わたしは17歳でした。物語は、わたしより少し上の世代の少年少女時代です。その後、世の中はすっかり変わりました。主人公秀一の世代は今、初老期です。されど、親と子は、いつの時代でも争っています。
 母親を中心において、母親を嫌うようになった子どもたちの様子が描かれています。残念なことは、こどもの言葉が大人の言葉になっています。だから作者が作者であることの物語です。平田秀一は、家に帰りたくない子どもです。自分の自由を束縛する親が嫌いなのです。子どもが家に帰りたくない家では、子どもは家を出ます。親はひとりぼっちになります。親はそうなりたくなかったら、許容心と包容力とあきらめの気持をもたなければなりません。
 こどものとき、だれもが、何度か、家族にサヨナラを告げたくなる。秀一くんは正義感に燃えて怒るけれど、世の中は理不尽なことばかりです。足のすくいあいばかりです。それが現実です。人間はけして美しくはない。ぼくはぼくでなくていいときもあると思えないと世の中を渡っていくことはむずかしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。