サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

バリ&モルジブ旅行記 みんなのレビュー

  • 著者:銀色 夏生
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本バリ&モルジブ旅行記

2002/06/25 00:56

たんたんとした旅行記が好き

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ささゆき - この投稿者のレビュー一覧を見る

他のエッセイでも銀色さんのたんたんとした文章が好きなのですが、旅行の部分は特に好きで、この本もしみじみ楽しく読みました。
写真、イラスト、文章、全て楽しめる旅行記ってなかなかないですよね。それに食べ物の話が多いのですが、それがなんだか現実の旅行なんだって気がしてよいのです。景色のすばらしさって文章にされても、写真のほうがわかりやすいって思ってしまうけど、食べ物って、写真だけでなく説明がつくとますます食べたくなりません?
バリ旅行のスタートに「銀色さんですか?」と読者に発見されたそうですが、みんなイカさんを見たいと思っているんでしょうねえ。私もそのひとりです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バリ&モルジブ旅行記

2001/10/01 22:24

南の島に行きたいなー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すいか - この投稿者のレビュー一覧を見る

 銀色夏生さんの写真満載の旅行記。イカさん(ご主人)とさくぼう(お子さん)との3人旅。写真がとても綺麗で南の島に行きたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バリ&モルジブ旅行記

2001/09/08 09:55

行ってみたいな〜!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 銀色さんは旅がお好きのようで、エッセイにも旅のことはよく書かれているけど、この本はまるまる一冊旅の話が書かれていて面白かった。バリもモルジブも、お金を貯めていつか行ってみたいと思っていた所だったので、ホテルの様子や食事のことが書かれているところは特にじっくり読んでしまいました。風景写真もきれいで、早く自分もここに行ってみた〜い!と思いながら読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バリ&モルジブ旅行記

2002/10/06 22:16

頭がユルユルになるバリ旅エッセイ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yaeba - この投稿者のレビュー一覧を見る

2年前に行ったバリ旅行を思い出しながら、これを読んだ。写真が多くて、バリのノビノビ感というか、ゆるさが思い出される。ナシゴレンとかミーゴレンなど、食べ物もおいしかったなー。頭の中がユルユルに溶けていったバリ。これを読んだだけでも、ノビノビな気持ちになれるかも。銀色さんのイラストと詩も有り。銀色さんのエッセイは肩の力が抜けてて好き。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バリ&モルジブ旅行記

2001/09/20 12:38

南の島での三人

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひなぎく - この投稿者のレビュー一覧を見る

 つれづれノートの番外編みたいです。ただし、今回は長女のかんちゃんはお留守番のようです。表紙にもさくぼう、本の中もさくぼうだらけです。とってもかわいいです。空や緑の写真がとてもきれいです。日本では見たことのない景色、ヤシの木や白い砂が本当に「楽園」という言葉がピッタリだと思います。つれづれノートに比べて写真の数が多いですが、その分さらさらっと読め、きっと誰もが南の島に旅に出かけたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バリ&モルジブ旅行記

2001/09/20 11:51

バリ・モルジブのことがなんとなく分かりますよ。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:モモ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私個人、今海外旅行先をどこに行くか悩んでいる。本屋に並ぶ大手の旅行雑誌やガイドブックを見るのだが、みなどれも一様の観点から、観光ガイドとしての国の紹介がされている。これはこれでよいものだ。でも、私は海外に行ってブランド物を買ってなどという一般的な旅はあまり好きではないし、それよりはその国に住んでいる人の大好きな場所へ行ったり、おいしいものを食べたりしたいと思っている。だから、その欲求を満たす本を探したり、個人のホームページを覗いてはいいものがないか探していたが、私の好きな著者がこの本を出版していた。この本では決まりきった観光ルートを旅するというよりも、何度も海外に行ってその国のことにすこしは知っている著者の観点から、町に根付いた旅行をしているのがよい。それでこそ、この本からそれぞれの国のことがじんわりと伝わってくるものだ。
 またこの本には、著書の子ども、さくぼうが色々な写真に残されていて、子どものかわいさと旅先の美しい土地が写真に収まっているのも私の中で高ポイントになっている。ぜひおすすめしたい1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。