サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

12皿の特別料理 みんなのレビュー

  • 著者:清水 義範
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本12皿の特別料理

2001/05/17 12:46

お料理悲喜こもごも

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:川原 いづみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 参りました。何が参ったって、出てくる料理が美味しそうで食べたくなっちゃって。下手な写真入りの料理本を見てるよりも食欲をそそるんですよ。更に、自分にも作れそうな気がしてくるから不思議。文章でこんな体験は初めてかも。恐るべし。
 登場する料理はおにぎり、ぶり大根、ドーナツ、鱈のプロバンス風、きんぴら、鯛素麺、チキンの魔女風、カレー、パエーリヤ、そば、八宝菜、それからぬか漬け。
 これらの料理をモチーフにした12の短編。これが上手いんですよね。料理に関する蘊蓄も、著者の価値観もさりげなく挟まれていて、全然違和感がないんです。そして物語ひとつひとつがとても身近で。作りものめいた嘘臭さが全くない。「普通だったらこう落とすでしょ?でも世の中そんなに甘くないんだよーん」って、そんな感じ。いいなぁこういうの(笑)。
 食文化の違いについて触れているのも面白いです。きんぴらの項では嫁が姑の作ったきんぴらに唖然としてるし、カレーの項では同じアパートに住む4つの家族が作るカレーの違いを述べてみたり。我が家では…と比較しながら読んでみるのもまた楽しい。お料理下手かつレパートリーの少ない私ですが、ぶり大根の項、チキンの魔女風の項が身につまされるような(笑)。お料理悲喜こもごもが詰まったこの本、おすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本12皿の特別料理

2000/09/28 01:55

食がもたらすドラマ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミオメロディ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者ならではのさらっとしたうんちくは確かな知識でありながら、嫌味がなく、まるでもっともらしく書いたパロディのようだ。
 おまけに、それぞれの食べ物をテーマにした話の、主人公をはじめとした登場人物がいい。
 おもしろくて、味わい深く、さらっとしているのが、この本のよさだろう。食に興味のない人も、すっと読めて、ちょっとした知識が得られます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本12皿の特別料理

2000/09/20 16:14

思わずブリ大根、作っちゃいました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:穂高 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 世のグルメ本には興味がなく、著者のファンなので読みました。
 さすがにご自分でも家庭料理に腕を振るわれる清水先生、素材やら文化的背景やら歴史やらのウンチクもさることながら、作り方のところにめいっぱいリアルなドラマがあって味わい深いですね。あくまでも庶民的ですし。
 絵も写真もないのに思わず作りたくなってしまう(食べたくなるだけでなく)、というところに一票。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。