サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

絶対服従契約 みんなのレビュー

  • 著者:藤崎 都, イラスト:水名瀬 雅良
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本絶対服従契約

2016/10/06 22:15

楽しめました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かすみ草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

お互いに、長い片想いが実って良かったですね。

翠さんが小田桐くんと話す時の、社長に対する時と違う蓮っ葉な物言いになぜかキュンとしてしまいました(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本絶対服従契約

2009/01/29 10:58

必然的に成りゆきで現実化した夢の関係にあとから気持ちがついてきたお話。

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hamushi - この投稿者のレビュー一覧を見る

同族経営の会社のなかで繰り広げられる、すれ違いと勘違いとすったもんだの物語でした。

最初の数ページを読んだだけで、誰が誰をどう思っていて、この先どうなっていくか、だいたい想像がついてしまうのですが、驚愕を求めてこうしたジャンルの恋愛小説を読むわけではないですし、ある程度予想通りにお話が進むなかで、出てくる人達がどんなふうに動いていって、人としての奥行きをどう変化させていくのかを眺めるのかが楽しいので、あっという間に先が分かってしまう構造の小説であっても、とくに問題はありません。

「うわあああ、そんな馬鹿な!」とか「有り得ないだろうそれは!」とか言いたくなるようなお話も、このジャンルにはときどきありますが、不思議なことに、そういうのはあまり面白くなかったりします。たぶん、ストーリーのどんでん返しと一緒に、恋愛をする人々のリアリティも吹っ飛ばしてしまうからでしょう。驚愕させ、ハラハラさせ、なおかつ納得させる物語というのは、きっと難しいものなのでしょう。

というわけで、あらすじを紹介してしまうと、最後まで分かってしまうお話なので、あまり書かないことにしようと思います。酔っぱらうと異常なほど秘書(主人公)に甘えまくり、翌日にはきっちり記憶喪失になっているという、下戸の社長の本心は、読者の目から見ればあまりにも明かなのですが、主人公(秘書)にだけは全く伝わらないという、奇妙な不均衡があります。二人の関係は、途中からボケ(社長)とツッコミ(秘書)のようになっていきますので、もしかしたら笑いながら読むお話であるのかもしれません。実際、結構楽しかったです。



蛇足ですが、一つだけ、いわゆる「当て馬」として登場した小田桐君という人物のことが、読後、かなり気掛かりでした。この人は、お話の冒頭から華々しく登場して主人公にいきなりフラれ、その後は一途な求愛者としてお話に絡んでくるのですが、とくになんのオチもつかないまま、物語からフェイドアウトしていってしまいます。いつまでも肝心なことを言わない社長よりも、よほど好感度の高い青年なのに、この扱いはちょっと気の毒でした。お話のながれとしては、主人公のいい友人というポジションに収まるのかなと思いましたが、できればそこまで書いてあげてほしかったです。

それとこの小説のタイトル、「絶対服従契約」となってますが、契約的な話はどこにも出てこなかったような気がしましたし、誰も誰かに「服従」したりしてなかったように思うのです。主要人物の関係を思えば、「絶対」というよりは「必然」でしょうし、「服従」というよりもむしろ「希望の現実化」というのに近いですし、さらに「契約」ではなく「なりゆきで習慣化」でありました。



このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本絶対服従契約

2016/01/18 18:56

がんじがらめの‥

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:グラスミア - この投稿者のレビュー一覧を見る

相手に分かっていないと考える辺りに、自分を追い詰めている様が窺える時有り。何枚も上手の相手に、何をどう仕掛けた所で、自らを絡め取られている事に気がつけれない本人の必死さが、読み進めていく中で、可笑しくも有り悲しくも有る。何時の世にも、必死さは宝ですね~。最後に得る物が分かるだけに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。