サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍

散り椿 みんなのレビュー

  • 著者:葉室 麟
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本散り椿

2019/03/17 14:39

散る椿、残る椿。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:satonoaki - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリー小説のように思いました。
かつての事件の首謀者を解いていくのもミステリーですし、最後まで解けきれなかったミステリーは、篠の本心だったかもしれません。
新兵衛が思う篠の心と采女が思う篠の心、どちらが篠の本心により近かったかは、謎のままです。
権力争いで多くの者が命を落とし、傷つき、没落していった…小説とはいえ、これらの小説を読むと無常観にしばし浸らされます。
物語最後の散る椿は新兵衛、そして残る椿は藤吾たち。
歩む道は別々になりましたが、どこかで幸せに生きていてくれるよう、時空を超えて祈りたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本散り椿

2019/01/13 11:34

人の思い遣りと気高さ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トッツアン - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドロドロとした欲の覇権争いは世と常ながら、それをそれとして受け入れながらも己の信念を心に固く持ち続ける四天王。そういったことから距離を置いて清々しく生きるし主人公。いつしか主人公に心惹かれる人。非常に読み応えがあり、時間が経つのも忘れて一気に読んでしまった。最後の一ページで、帰藩後の経緯を踏まえて周囲に気を配ることで自分の身を処する主人公の潔さと心残りさがよいんとして残る作品。また、しばらくして再読したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本散り椿

2019/01/02 08:06

妻への思いと男の友情のために命懸けで戦う男の武士道

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:李孔明 - この投稿者のレビュー一覧を見る

岡田准一主演の映画の原作本ということで読んだ。同じ道場で腕を磨いた四天王と呼ばれた4人の若者たちがそれぞれ数奇な運命にもてあそばれる。その中で藩の側用人として頭角を現した榊原采女の許婚であった女性を妻とした榊原の親友の瓜生新兵衛。しかし、正義感から藩の不正を糾弾したために逆に藩から追われた新兵衛が放浪先で病死した妻との約束を果たすために故郷に舞い戻る。家老たちの陰謀に対して妻への思いと友情のために命懸けで戦う男の姿に真の武士道を見る思いだった。散り椿の前での決闘シーンは感動するとともに本当の妻の思いに気付く新兵衛が友情のために立ち上がる姿に清々しい印象が残る時代小説だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本散り椿

2015/06/14 09:56

武士の矜持

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:乾 辰巳 - この投稿者のレビュー一覧を見る

藩の派閥争いの中で生き、そして死んでいった、かつて四天王と呼ばれた道場仲間たち。
葉室さんが繰り返し描かれる武士としての生き方が余すところなく描かれています。
人として生きる現代人とは違う武士の矜持。やや理想化されているきらいがあり、
ストーリーもちょっと都合がいいかなとも思いますが、それでも采女の最期など心を打たれました。
また古今集から引かれた短歌がストーリーとよく合っていて、ここも読みどころです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本散り椿

2017/08/29 17:21

散り椿

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雨読 - この投稿者のレビュー一覧を見る

扇野藩六万五千石の御家騒動で、かつて同じ剣術道場で四天王と言われた、四人の友情や藩政への関わり、主人公である瓜生新兵衛が妻・篠と死に別れて帰藩し御家騒動に巻き込まれつつ、過去の真相が明らかになって行く、篠が遺言で夫にかつて在所の庭で見た散り椿を、代わりに見てと言ってた真意など、武士の世のせつなさを感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本散り椿

2016/11/28 14:55

凄まじい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひのえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分個人よりも家が大切だった時代。どうにもならない自分よりも大きな組織。その中で自分として生きていこうとする強さがかっこいいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。