サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

聖の青春 みんなのレビュー

  • 著者:大崎 善生
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本聖の青春

2015/09/09 17:22

29年という短く壮絶な人生に胸が震えた。

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:英世 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「東の羽生、西の村山」と言われるほどの棋士だった村山聖のノンフィクション。
幼くして難病を患うも、将棋に出会い、それを生きがいとし命を懸けた村山の壮絶な生きざまに胸が震えた。彼がトップ棋士になり亡くなるまでに多くの人に手助けしてもらうのだが、それは彼の愛嬌のある人柄が周りの人にそうさせていたように思えた。「冴えんなぁ」が口癖の森師匠との風変わりな同居生活からその後の関係までがい愛おしく思った。

私のお気に入りの一冊になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本聖の青春

2015/12/28 08:45

感動しました

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kuru - この投稿者のレビュー一覧を見る

将棋棋士の村山聖さんの話ですが、とても感動しました。強烈な個性の持ち主で周りの人は大変だったのかもしれませんが、ひきつけられずにはいられない人だったんだろうなと思います。一つのことに打ち込むことの強さ、素晴らしさに心を打たれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本聖の青春

2016/12/09 14:47

生きるということ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mino - この投稿者のレビュー一覧を見る

平成10年8月8日 午後0時11分
ある1人の棋士が死んだ。
村山聖 享年29歳。
将棋界最高峰のA級に在籍したままの死であった。

広島に生をうけた村山聖(さとし)は、5歳にしてネフローゼという腎臓病を発症する。
以降入退院を繰り返し、聖は難病を自らの一部として受け入れ、その短い生涯を送ることとなる。

将棋との出会いは病室の固いベッドの上であった。聖の父・伸一は愛する我が子を喜ばせようと様々なゲームを教えていた。その中の一つに将棋があったのだ。
初心者同士のめちゃくちゃな一局はあっという間に終わったが、聖はすっかり将棋の虜になってしまう。その出会いは長くベッドに縫い付けられた少年に新たな翼を授けたのであった。

ある日、聖は将棋本を買ってくるよう母に頼む。困り果てた母が古書店で探して来たのが『将棋は歩から』という本あった。
碌に漢字も読めないはずの小学生である。しかし聖は驚くべき集中力でその本を読破した。病床の少年はひたすら本を読んで勉強し、相手を見つけては将棋を指すことを繰り返した。やがて相手はいなくなり、聖は療養所で生活をしながら将棋教室に通うことを決意する。本格的に将棋の世界に足を踏み入れたのであった。

その後聖は持ち前のセンスと命を削る努力を重ねて将棋界最高峰のA級まで上り詰める。同世代の天才・羽生善治を何度となく打ち破り、彼に畏敬の念すら抱かせた。
東の天才・羽生に対して西の怪童・村山と呼ばれた聖は、その純粋さと駆け引きのない真っ直ぐな生き方で実に多くの人々から愛される。
しかし、病は常に聖と共にあった。

名人への執念を持ち続け、自らの力で病と闘い続けていた村山聖は、平成10年8月8日、29歳という若さでこの世を去った。
29歳という年齢は今の私と同じ歳である。
何かを成し遂げるにはあまりに短すぎる年月ではないのかと、それが知りたくてこの本を手にとった。
しかし、彼の生き方はその考えを覆した。人はこんなにひたむきに生きることができるのかと、その人生に感服した。自分の考えを恥ずかしく思った。

将棋仲間、将棋ファン、師匠、そして家族、多くの人に愛された村山が亡くなった、その年の将棋年鑑のアンケートに彼はある回答を寄せている。短い生涯をひたむきに生きた村山聖の回答に、涙が堪えられなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本聖の青春

2016/11/30 08:59

考えさせられる本

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:miina - この投稿者のレビュー一覧を見る

3月のライオンからこの本に辿り着きました。
棋士としての生き方や考え方も想像を遥かに超えていた。
病との向き合い方。死に対しての考え方。
この本に出会って、生きることについて真剣に考えるきっかけになった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本聖の青春

2016/11/29 14:20

将棋知らずとも惹き込まれた作品

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画公開に向けて予習のために読みました。
将棋は全く知らないですが惹き込ませる文体です。
村山聖さんのまっすぐ過ぎる生き方に胸が熱くさせられます。
笑っちゃうエピソードもたくさんあり愛される人柄も伺えます。文字通り命を削り名人への道にかける聖にいつのまにか周りの大人達も惹き込まれていくのがわかります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【期間限定価格】聖の青春

2016/11/28 19:03

一生懸命の意味

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:伊庭修太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2016年11月に公開された映画で村山さんのことを知りました。
本を読んでいくうちに、村山さんの強さ弱さそしてユーモアに胸が熱くなりました。
「一生懸命」ってこれか、と感情が揺さぶられました。
この本に出会えてよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【期間限定価格】聖の青春

2016/11/26 18:29

生きるということ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mino - この投稿者のレビュー一覧を見る

平成10年8月8日 午後0時11分
ある1人の棋士が死んだ。
村山聖 享年29歳。
将棋界最高峰のA級に在籍したままの死であった。

広島に生をうけた村山聖(さとし)は、5歳にしてネフローゼという腎臓病を発症する。
以降入退院を繰り返し、聖は難病を自らの一部として受け入れ、その短い生涯を送ることとなる。
将棋との出会いは病室の固いベッドの上であった。聖の父・伸一は愛する我が子を喜ばせようと様々なゲームを教えていた。その中の一つに将棋があったのだ。
初心者同士のめちゃくちゃな一局はあっという間に終わったが、聖はすっかり将棋の虜になってしまう。その出会いは長くベッドに縫い付けられた少年に新たな翼を授けたのであった。
ある日、聖は将棋本を買ってくるよう母に頼む。困り果てた母が古書店で探して来たのが『将棋は歩から』という本あった。
碌に漢字も読めないはずの小学生である。しかし聖は驚くべき集中力でその本を読破した。病床の少年はひたすら本を読んで勉強し、相手を見つけては将棋を指すことを繰り返した。やがて相手はいなくなり、聖は療養所で生活をしながら将棋教室に通うことを決意する。本格的に将棋の世界に足を踏み入れたのであった。
その後聖は持ち前のセンスと命を削る努力を重ねて将棋界最高峰のA級まで上り詰める。同世代の天才・羽生善治を何度となく打ち破り、彼に畏敬の念すら抱かせた。
東の天才・羽生に対して西の怪童・村山と呼ばれた聖は、その純粋さと駆け引きのない真っ直ぐな生き方で実に多くの人々から愛される。
しかし、病は常に聖と共にあった。
名人への執念を持ち続け、自らの力で病と闘い続けていた村山聖は、平成10年8月8日、29歳という若さでこの世を去った。
29歳という年齢は今の私と同じ歳である。
何かを成し遂げるにはあまりに短すぎる年月ではないのかと、それが知りたくてこの本を手にとった。
しかし、彼の生き方はその考えを覆した。人はこんなにひたむきに生きることができるのかと、その人生に感服した。自分の考えを恥ずかしく思った。
将棋仲間、将棋ファン、師匠、そして家族、多くの人に愛された村山が亡くなった、その年の将棋年鑑のアンケートに彼はある回答を寄せている。短い生涯をひたむきに生きた村山聖の回答に、涙が堪えられなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【期間限定価格】聖の青春

2016/11/23 18:48

或る棋士の記録。彼を天才と呼ぶのは軽すぎる。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アルファ - この投稿者のレビュー一覧を見る

村山聖という棋士を表すのにどのような言葉が適切であろうか。それを天才と才能に紐付けしたり、病を引き合いに出すのは、彼を軽んじることにはなるまいか。怪童と呼ばれた稀代の棋士を、彼に間近で接してきた著者がありったけの想いを込めて書いた素晴らしい作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【期間限定価格】聖の青春

2016/03/28 10:13

いい意味で泣きました

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しん - この投稿者のレビュー一覧を見る

将棋のことは何も知らず、ただ、映画化されるらしいぞ、というミーハーな気持ちで読んだのですが、後半は思わず号泣してしまい、いい意味でノックアウトされました。筆者が主人公を個人的に知らなければ、ここまで読者を感動させる一冊は書けなかったはず。事実をわかりやすく整理しつつ、プライバシーに配慮しつつ、執筆はさぞかし大変だったと思います。この本に書かれたことによって、村山氏が生きた証は、将棋ファン以外の人々の記憶にも残ることになると思います。分野を問わず勝負の世界に生きておられる方、そうでなくても自分の限界に挑戦していらっしゃる方に、特におすすめします!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

9 件中 1 件~ 9 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。