サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

ノックス・マシン 3/4 電子オリジナル版 みんなのレビュー

  • 著者:法月 綸太郎
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本ノックス・マシン

2019/06/15 09:52

SF風短編集

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:モフモフモフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分はSFの読み手ではないので、表題作シリーズのSF設定の説明は「?」となってしまった。
知識がないのが悪いのかもだが、「ノックスの十戒」がどうして特異点になったのか、その理由が理解できないままだ。もちろん、ユーモアとして読むべき部分もあるだろうから、こんなことをいうこと自体が無粋なのかもしれないが…。
いずれにせよ、SF的な仕かけがあるミステリは斬新でおもしろかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

表題の3/4の謎

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やきとり - この投稿者のレビュー一覧を見る

上海大学のユアンは国家科学技術局からの呼び出しを受ける。彼の論文の内容について確認したいというのだ。その論文のテーマとは、イギリスの作家ロナルド・ノックスが発表した探偵小説のルール「ノックスの十戒」だった。科学技術局に出頭したユアンは、想像を絶する任務を投げかけられる…。

ミステリ要素はありますがこれはSFです。しかもおバカSF。でも面白い。話は小説を人間が書かなくなった未来、数理文学解析が発達してコンピューターが小説を書く「オートポエティクス」が全盛の時代。ここである国家プロジェクトの実験にミステリ界では有名な「ノックスの十戒」が重要なキーとして登場します。小説が構文解析され数式に置き換えられるという設定であるからこそできる仕掛けになっており、だからこそその後のSF的展開がばかばかしくも面白い。かなりニヤニヤします。オチも予測できるのですが最後にきれいに収まる様はおみごと。ただミステリーファンには不評を買うかも。(笑)

※さて表題の3/4ですが、本来の紙媒体の「ノックス・マシン」には「バベルの牢獄」という話が収録されていて「ノックス・マシン」と「論理蒸発 - ノックス・マシン2」、「引き立て役倶楽部の陰謀」の合わせて4編の短編集となっています。ところが「バベルの牢獄」は物理的な本の構造や構成を理解していないとわからない内容になっている為、電子版には収録できないとの事、なので本来は4編のところ3編しか収録してませんという意味で3/4。

確かに読んでみる書物愛に溢れた物語(相変わらずのおバカSFですが)であり、そうか・・・確かに電子化には不向きかとは思うのですが・・・。ここでこんな事を言うのは不本意なのではありますが「バベルの牢獄」を読みたいのであれば今のところ紙媒体の本を購入するしかありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ノックス・マシン

2015/12/19 15:10

楽しんで読みました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

表題作と2話目は面白かったけど、後半2話のSF設定にはちょっと苦戦!半分くらいしか理解できてない気もするけど、読みごたえはあった。そしてクリスティの某作品を再読したくなったし、クイーンも読んでみたくなった。このミスに選ばれた作品には、ハズレがないと実感!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ノックス・マシン

2015/12/15 22:32

SFなのかミステリなのか

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作は、古典ミステリを題材にしたSF(っぽい)短編集です。
特に表題作の「ノックスマシン」は、古典ミステリの知識がなければ思いつかないような斬新な設定で、SFファンの視点で読んでも満足できる作品でした。他の作品も同様に、豊富な古典ミステリの知識に裏打ちされていて面白かったです。凝った設定である一方、読みづらさはあまりなく、サクッと読めました。

SFなのかミステリなのか、という分類はできません。法月作品独自の魅力を感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。