サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

はなとゆめ 電子ビジュアル版 みんなのレビュー

  • 著者:冲方 丁, 絵:遠田 志帆
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

7 件中 1 件~ 7 件を表示

電子書籍はなとゆめ

2016/11/29 12:56

この時代を感じました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美恵子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

平安朝の女性とは?そんな疑問の答えを清少納言の生き様を通じて垣間見た気がしました。

この時代のトップレディに仕えるとは、どういった事なのか。漢籍や詩書に通じているのはどういう事なのか、そんなことを考えながら読み進めました。

枕草子を真面目に読みたくなる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本はなとゆめ

2016/10/23 22:40

わたしのはな

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マー君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

清少納言の物語。一条帝の中宮定子様に仕えた清少納言。彼女のはなである定子様につくす清少納言。朝廷の苛烈な権力争いの中はなとしてかがやき続ける定子様。定子様は清少納言のはなでありゆめであった。
冲方氏のはんなりとした文体が心地よい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本はなとゆめ

2017/07/13 23:36

権力闘争

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papakuro - この投稿者のレビュー一覧を見る

枕草子でおなじみの,清少納言が中宮定子に使えた半生の物語。
最初のうちは,自分に自信のないジミ子が周りにもり立てられて才能に目覚めていくという少女漫画にありがちな展開なのですが,途中から権力闘争に巻き込まれて中宮定子共々ぼろぼろになっていく展開です。史実に基づいているとはいえ,ひらがなのタイトルとはイメージが違ってきます。
枕草子に精通していれば,あっ,これはあの段の話だと,楽しみも増えるのでしょうが,私は「はるあけ」しか知らない。ちなみに,この話は「はるあけ」で終わります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍はなとゆめ

2016/12/19 20:51

タイムスリップ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukka - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいる間中、平安時代の雅な世界にひたりました!
平安時代がお好きな方にはお勧めです。
清少納言の眼を通して見た内裏の様子や政情が、読みやすい文章で綴られています。ハラハラドキドキ、ジェットコースターに乗っているような…というのとは違いますが、当時の世界を楽しめます。今まであまり興味がなかったのですが、この本を読んで枕草子を読んでみたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本はなとゆめ

2016/08/31 17:58

子供用に

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴっきーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゆくゆくは子供が教科書で出会うであろう枕草子へのハードルが低くなればいいなと思ってまずは自分で読んでみる。清少納言ってこんな人だったのかもしれないなあと感じることが出来、またオリジナルの枕草子が切れ端程度に書いてあることがとてもよく書いてある。古文の勉強二番ならないが楽しめると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本はなとゆめ

2016/08/04 22:45

栄華と無常観

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

光圀伝のハードな印象から一転して、宮中の栄華と謀略を清少納言の視点から描いた歴史小説です。和歌と小説を織り交ぜて華やかで儚い日々を懐かしむ描写が切ないです。過去二作と同じく、歴史上の人物の無常観を表現するのが巧いなと感じました。初版だとカバー裏におまけの掌編もついてます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍はなとゆめ 電子ビジュアル版

2017/02/25 19:30

悪くないけれど、つまらない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Ladybird - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙絵と中の挿絵のタッチは全く違い、挿絵はペン画。この本で一番良かったのが挿絵がキレイなこと。清少納言というと個性的なキャラにアレンジされた作品が多いけれど、この本を読むとこんなツマンナイ人だったの?みたいに思えてしまった。内容はよく知られていることばかりで、美文でも面白い文章でもなかった。特別「この作家さんならではの清少納言」のような面白さがなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。