サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

【SS/200】【集英社】【特集】【割引有】立ち上がれ!全勢力!!この夏、最大の祭典は海賊たちが盛り上げる!!劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』8.9(金)ついに公開!!原作超大量無料大公開キャンペーン!!(~8/19)

電子書籍

彼女の色に届くまで (角川ebook) みんなのレビュー

  • 著者:似鳥 鶏
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

電子書籍彼女の色に届くまで

2017/05/28 17:48

真作と贋作

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分を絵の天才だと信じてた緑川くん。ちょっとイタイです。
でもだんだん普通に良い青年になります。その過程がなかなか心地いい。
ヒロインの千坂さんは最初は無口で物静かな少女だったのに、だんだん天才独特の変さ加減を見せてきます。
二人のキャラのコントラストがちょっと楽しい。でも、お互いに足りないところを補ってるコンビ。
二人の同級生風戸くんが凄く楽しい男の子。この子のお陰で明るいお話になってると言っても過言ではない気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本彼女の色に届くまで

2017/05/28 17:37

絵を巡るミステリー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

画廊の息子と天才的画力を持つ少女が絵を巡る謎を解いていくミステリー。
高校理事長所有の絵の毀損、美術館の絵の毀損、画廊の絵の盗難、大学のボヤ、それぞれ独立した事件に見えていたが最後にすべてが繋がります。
ところどころ※印で注釈が入ってますが、これが面白い。注釈に笑ったのって初めてかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本彼女の色に届くまで

2017/12/26 22:52

軽く読めるけどテーマは深刻。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

売れ筋のライトミステリーの作家さんです。
最初に読んだのはアンソロジーの中の一篇で、いまいち
のれませんでした。初めて一冊で読んだ作品は、
大人向けのサスペンス調で、チャレンジ作品で残念な結果でした。

三作品目はこの本で、どうやら最近の作品は、エグいものを
忍ばせている傾向を感じました。
それでも著者らしい仕上がりなのだろうと思います。
キャラの立った登場人物、この作品で言えば表紙の彼女で、
天才型の美術部員です。

語り手は天才に振り回される凡人で、天才の至らぬところを
カバーしてあげるという庶民代表みたいな感じの人です。
凡人で無個性の語り手、天才でとっつきにくい探偵。
王道の設定です。

しかし似鳥鶏さんはトリックを結構仕込んできます。
素人でも分かるような簡単なネタで引きつけつつ、読み手が
得意気になったところで全然違う角度から突き刺してくるという、
意地悪なミステリーオタク感があります。

どこか優しさが足りないのです。語り口は柔らかいというのに。

この作品は、高校の美術部の子と、変人で天才的絵画
センスを持つ彼女がタッグを組んだライトミステリーです。
ほのかで淡い感じを匂わせつつ、ミステリーパートでは犯人に
意外性を持たせてコントラストを効かせています。

自分は絵が好きなのでそこそこ楽しめましたが、名画を見て
トリックを見破るという謎解きのルーチンは最後まで
違和感をぬぐえませんでした。
探偵役の子が天才型だけに、絵画の理屈っぽい
読み込みは似合わない感じがしましたので。

さて、何冊か積読していますが微妙になってきました。
この作品も途中まで結構楽しんでいただけに、
最後の毒気に当てられすぎました。
初期の作品で、もっとライトなものは苦みが少ないようなので、
気に入りそうな作品をもう少し探してみようと思います。
それなりに楽しんでいる部分がありますので。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。