サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

無貌の神 (角川ebook) みんなのレビュー

  • 著者:恒川 光太郎
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

電子書籍無貌の神 (角川ebook)

2018/10/07 16:59

そして世界は閉じられる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

時折り現れる、断崖の集落と対岸をつなぐ「赤い橋」。
外界から訪れる人も、脱出を願う人も橋を渡らずにはどこにも行かれない。
そして、橋が出現してもなおそこに留まることを願う人々。
橋の気まぐれで幽閉されたのである。そこに理由や必然性はない。

世界の理と、道の気まぐれに翻弄される人々。
他作にも見られるこの構造は、恒川作品に普遍的なものだ。
本当の主人公とはあるいは…。

そして、廃墟団地で”ハーヴ栽培”に血道を上げる桑田。
読んで頂いた通りの「人間のクズ」なのだが、実にこの手のイカレた弱い人物を描くのが実にうまい。
トバムネキ・英語教師の韮崎・沸点の分からない宗岡。そして、そうした壊れた人物になぜか魅了されてしまう人々。
だからこそ、ラートリーのように強く人徳をそなえた人物も描けるのだが。
「おいでラートリー!」
「およびですかカイムルさま!」(違

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本無貌の神

2017/02/07 20:02

恒川光太郎のエッセンスが集約

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンポポ旦那 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この短編集で恒川光太郎に初めて出会う人は幸せだ。どの物語からも、今までの著作に向かえる機会を得られる。また、「夜市」以来のファンにとっても、恒川光太郎の“今”を再認識できる贅沢な本である。これは現時点に於ける集大成とも言える作品集。
ホラーテラー(こう表現するのには抵抗があるが)としてだけでなく、「金色機械」や「スタープレイヤー」で驚かせてくれた、この人の力量を、これでもか、と見せつけてくれるようだ。面白い、実に楽しめる作品集だ。
多彩なテーマに合わせた自在な語り口で展開される物語は、時間を忘れる読書の醍醐味をも味わわせてもらえた。しかも「カイムルとラートリー」では、また新たな一面を披露してくれ、今後の作品が、また、楽しみになってきた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本無貌の神

2017/05/26 23:48

恒川ワールド原点回帰の短篇集。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

ノスタルジックホラーの書き手、恒川光太郎さんの短篇集です。
至近はSFもどきのシミュレーションゲーム風作品だったので、
どうなるのか心配していたところ素晴らしい一冊が出てきました。

全六篇の短篇集です。
この世から少し外れた生き物たちが描かれています。
表題作の無貌の神はこんなお話です。

世界から見捨てられたような小さな集落にわたしは
住んでいました。深い森に数軒の茅葺きの家が軒を並べ、
陰気な人たちが、獣のようにのっそりと生きていました。

川の水を飲み、川魚をとり、山菜をむしって食べました。
ただひたすら無気力だったのです。

道の先に古寺があり、そこに顔のない神が坐していました。
のっぺらぼうで、輝きを放っています。
傷を負ったり病になったりした場合、神のすぐ近くによれば、
傷は癒え病は治るのです。しかし神は、像のように坐して
いても、生きていたのです。

神は何者なのか。なぜ傷か治るのか。
神はどうやって生きているのか。
次々と浮かぶ疑問を、こういったものであると納得させてしまう
話術にからめとられます。それこそが恒川ワールドと呼ばれる
所以でしょう。

神、天狗、死神、悪魔など、章のタイトルを眺めるだけでも
想像力がかき立てられます。SF的なものはありません。
怪異でもない、パラレルワールド的な摩訶不思議さに
包まれる世界が待っています。

運命を扱った作品などは、なるほどと思わず膝を打ちたくなる
展開でした。ホラーは苦手という人にこそお薦めです。
この作品をきっかけに恒川さんの世界に入る人が
増えればいいなと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。