サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

あとは野となれ大和撫子 (角川ebook) みんなのレビュー

  • 著者:宮内 悠介
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本あとは野となれ大和撫子

2017/12/26 23:24

デビュー作が衝撃的な評判で受け入れられた作家さん。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

ずっと読んでみたかったのですが、なかなか読み順を
回せませんでした。直木賞候補となりついに手にしました。
これまでの作品では、発展途上国の地名をつける作品群が
気になっていました。

この作品はアラルスタンという、アラル海の干上がった跡地に
できた国のお話です。アラル海は北アラル海と呼ばれるまで
小さくなり、干上がった跡地には塩の台地が広がっています。

政情不安定な国々から、孤児や難民になった人々や、
迫害された民族を受け入れることで成立したアラルスタン。
ウズベク、カザフに囲まれて圧力を受ける小国です。
この設定だけでも充分そそられます。

アラルスタンはわずかな水を大事にするため、大気中の
水分を集める装置を作り、わずかな水で育つサクサクールを
遺伝子改良で生み出し、南部で発見された油田を
元手にした技術立国を成し遂げたのです。

最初の七人と呼ばれた建国者たち。
その中の一人がアリー大統領です。

アリーは国の持続的な発展のため、後宮を幹部養成機関に
変え、若い女性たちの英才教育を行っています。
建国当時は虐げられた人たちの避難所的にふるまうことで
人口増加を図りました。部族やグループの大きさに合わせて
議員枠を割り当て、国家内のバランスを保ちます。

しかし部族対立の芽が育つことは明らかで、
次の一手が女性による統治だったのです。

アリーは自らも講演を行い、慕っている後宮の女の子たちも
数多くいます。ある日、アリーが講演中に何者かに撃たれました。

混乱する政府。逃げ出す議員。残されたのは後宮の女の子たち
だったのです。しかし国内にはイスラム系過激組織があり、
混乱に乗じて政府転覆を計るという噂が飛び交います。

リーダー的存在のアイシャが臨時大統領を宣言し、ナツキが
国防大臣にと後宮の子たちで急場をしのいでいく展開です。

視点が頻繁に変わる群像劇で、いろいろな人の活躍を
楽しむ物語です。日本人のナツキの重要な存在ですが、
主人公は固定されずに入れ替わっていきますので、
大和撫子のタイトルで日本人の話と思い込まないほうが
いいですね。

発想の面白さと王道の展開で、楽しく読ませてくれる作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本あとは野となれ大和撫子

2017/07/20 13:16

とげがない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やぎべえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

全て丸く収まったという印象を受けた。
激しい争いが中心だと勝手に思っていたが(もちろんそういうシーンがない訳では無い。)話が想像とは違う方向に進んでいった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本あとは野となれ大和撫子

2017/07/22 07:23

リアリティー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

中央アジアの小国で大統領が暗殺され、日本人の女に子、つまり大和撫子が国政を担うことに。SFだから、とはいえ、あまりにリアリティーがなく、何が言いたいのか分らぬまま読了。膨大な参考文献がもとになっているが、これらに振り回された感。さらに、作者の頭の中にあるイメージが活字として伝えられておらず、アニメなどにすればよかろうが、小説としては疑問符が付く。冴えているのはタイトルだけ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。