サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/29)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

砂上【電子書籍特典付き】 (角川ebook) みんなのレビュー

  • 著者:桜木 紫乃
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

匠のワザ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うみしま - この投稿者のレビュー一覧を見る

桜木さんの作品をこれまでかなり読んできましたが、本当に上手い書き手であることがよくわかります。この作品は、小説家志望の中年女性と編集者のやり取りが微細にわたりリアルであると感じさせますが、それこそが匠のワザたる所以ではないかと思います。そう思わせる筆致、長い物語を読ませる力がある文体が、すっかり本の世界に入り込ませるのだと思います。最初はどことなく頼りなく輪郭がハッキリしないような小説家志望の女性が、鋭い切り込みの編集者によって、どんどん強かに太い輪郭を持っていく過程が本当に上手い。ますます、今後の作品を読みたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本砂上

2017/10/31 15:46

巧すぎるのも時には考えものだ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

巧い書き手というのは、ほとんど動かない物語であっても、短めの長編小説ぐらいには仕上げるものだ。
 直木賞作家桜木紫乃の、デビュー以前の女性作家の作品執筆にかける思いを描いたこの作品がまさにそうだ。
 主人公柊令央(ひいらぎれお)が雪の降り始めた北海道の町の喫茶店で東京の出版社の女性編集者と対面するところから物語は始まる。
 令央は四十になる女性で、今は離婚した前夫から幾ばくかの慰謝料と幼馴染が経営する料理店の臨時雇いの給料で生活している。
 彼女は以前から小説を書いては新人賞に応募をし続けていたが陽の目を見ることはなかったが、東京から訪ねてきた編集者小川乙三はその落選した作品ににわかに注目し、改稿することを求めてくる。

 その物語が「砂上」というタイトルだ。
 そこには令央自身の半生が投影されている。つまり、自身が身ごもり生んだ娘が妹として育てられた事実、令央の母がまだ十代だった令央の代わりに母となった事実、それらが虚実ないまぜになった物語。
 おそらく、令央が書きつつある物語の方が動いていたはずだが、この作品はそれを描くのではなく、それを書きつつある令央の心情をくどくどを書きつらねていく。

 令央の母の若かりし頃のことが描かれる場面が出てくるが、その時に俄然輝いているのは、おそらく物語が動いているからだろう。
 桜木はあまりにも巧すぎて、動かない時間も言葉を重ねることができてしまう。
 この作品ではそれが裏目になってしまったような気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本砂上

2018/08/21 01:40

物書きとは

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リンドウ - この投稿者のレビュー一覧を見る

全ての物書きに捧げる物語。
小説とは、時間、知力、体力、魂すの全てを削り、産みの苦しみを持って書かれたものであるということを考えさせられる作品でした。
桜木紫乃先生ならではの人間の心理描写が生々しく感じられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本砂上

2017/10/19 00:25

成り上がり小説。熱い!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

あくまでも主人公は地味な女性作家なのだが、でも際立つのは主人公に小説を書かせていく女性編集者。文芸編集者ってそうとう切れないとできない職業なのだとつくづく実感。本書と文中の小説とどちらも舵を取っているのは、この編集者なんだ。すばらしい。主人公女性も徐々に自分を見出し強くなっていく。とても気持ちがよかった。私は強い女性の話がやっぱり好きなんだな。ひとつ、夫が不貞を犯して離婚に至ったのだから貰える物は貰って当然と思う。ここに負い目を感じていたがそうじゃない。成り上がって行く様がぞくぞくするほどかっこいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。