サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

「文豪ストレイドッグス」×角川文庫コラボアニメカバー みんなのレビュー

  • 著者:森 鴎外, 著者:福沢 諭吉, 訳者:佐藤 きむ, 解説:坂井 達朗, 著者:泉 鏡花, 著者:宮沢 賢治, 著者:澁澤 龍彦, 編者:東 雅夫, 著者:太宰 治, 著者:与謝野 晶子, 訳注:今野 寿美, 著者:坂口 安吾, 著者:織田 作之助, 著者:中原 中也, 編者:佐々木 幹郎, 著者:芥川 龍之介, 著者:谷崎 潤一郎, 著者:江戸川 乱歩, 著者:国木田 独歩, 著者:中島 敦
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
15 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本痴人の愛 改版

2017/04/11 21:55

身近にいるナオミ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:overview - この投稿者のレビュー一覧を見る

私はこの作品ナオミという人間について深く考えさせられた。ナオミは夫の河合譲治の愛に甘えてワガママで不倫症のビッチになっていく女であるが、このような女が身近にたくさんいるような気がした。私は高校に通っていて大人の恋の現実をまだ目の当たりにはしていないが、高校において実際そうしなくてもそうしようとしている人がいることを感じる。俗に高校デビューという言葉があるがこれはナオミに近づくことではないかと思う。私はこれを若年層の男に読んで欲しい。まず、まず、このような女がいることを知って欲しい。そして将来、結婚し、子育てをすることになると思うが、その時、妻に、あるいは子供に、可愛さのあまり甘やかしてしまいたくなることはあると思う。しかしその行動がナオミを産み、自分の首を締めることになることを考えて欲しいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本人間失格 改版

2017/01/10 18:15

難しい...

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:稀良々 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニメが、きっかけで読むようになりましたが、少し難しくて、なかなか前に進みません。でも、やっぱり表紙が好きなので頑張って読んでます!難しいですが面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本高野聖 改版

2018/07/29 02:10

文体に馴染めればオススメ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きょん - この投稿者のレビュー一覧を見る

高野聖のほか、いくつか収録されているが、文体は現代とは違うので読みにくいかもしれない。でも、泉鏡花独特の世界観を感じると思う。今で言うファンタジーのような、この世でないものなど、読んでいると想像してしまう。不条理を感じる物語もあるが、描写が細かく、情景を思い浮かべるので、なかなかに面白いと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本武蔵野 改版

2019/01/27 00:15

「忘れえぬ人々」同感です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほんの一週間前に、有島武郎の「或る女」の中で、離縁された女にいつまでも未練たらたらな情けない男を見事に演じきった?国木田独歩の短編集。「武蔵野」下衆な話であるが、明治時代には渋谷の道玄坂あたりも畑が広がっていて「まさに武蔵野の光景」であったというのだから、そのころ土地を買い占めることができたらねと思わず思ってしまった。「忘れえぬ人々」私にもホテルのお風呂で声をかけてきたやたらと干支に詳しいおやじ、小さいころ箱いっぱいにはいったひよこをくれたお兄さん、相部屋になった部屋で「やっぱり忘れることできひん」と友人に泣きながら抱きついた若い女性と忘れえぬ人々がいる。どの顔も思い出せないが

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本人間失格 改版

2019/01/06 19:53

数年ぶりに読む

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TORA - この投稿者のレビュー一覧を見る

とある劇団で、太宰氏の作品をモチーフにした演目を上演していました。

その舞台に感銘を受け、数年ぶりにこの作品を読みました。

当時は、主人公に全く共感できず、
ただ人間失格だと思いましましたが、
今回読んでみると、とても面白い。
人間描写にも深みがあり、愛おしくすら感じます。
太宰治が支持され続ける理由が少しずつわかってきたように思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本福沢諭吉「学問のすすめ」

2018/07/30 13:53

読みやすい現代語訳

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まらりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本思想の名著とのことで、購入しました。
読みやすい現代語訳で、福澤氏の思想の一端を垣間見ることができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

かっこいい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たかし - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙のかっこいい男性が、ちゃんと角川の表紙の本を持っているのが気に入った。一瞬、ゴーシュがかっこいいかと思った。坂の作品も、懐かしかったり忘れていたり、このチャンスに読まなきゃ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本武蔵野 改版

2018/09/30 13:11

ひろいもの!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナナカマド - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙目当てで購入しました。
多分「文豪ストレイドッグス」という作品がなかったら、
国木田独歩の本を手に取ることはなかっただろうと思います。
「文豪~」については好ましく思っていない方もいらっしゃるかと思いますし、
あまりに実像とかけはなれて「キャラ化」さえている文豪が多いので、
私としても思うところはなくもありません。
ですが、
作中に登場する文豪たちの読者を増やす魅力はあると、
私は思っています。
 
「武蔵野」については、
正直、退屈そうだなぁと思いながら読み始めたのですが、
ひとつひとつの話が短いこともあって、
さらに意外に読みやすかったので、
飽きずに楽しく読めました。
そして他の国木田独歩の著書も読みたくなりました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍高野聖

2018/09/11 21:40

意外とエンタメ・ホラー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:RASCAL - この投稿者のレビュー一覧を見る

泉鏡花の代表作といえば「高野聖」と中学の国語の授業で習ったが、実際に読んだのは初めて。「高野聖」という題名から想像していたものとは全然違ってホラーでした。「義血侠血」「夜行巡査」「外科室」は大衆娯楽小説でしょうか。独特の文体が美しいです。「高野聖」「眉かくしの霊」は大衆ホラー小説。「眉かくしの霊」はストーリーが複雑で途中であらすじを追えなくなりました。。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本堕落論 改版

2018/05/20 07:34

安吾エッセイの代表作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:病身の孤独な読者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

坂口安吾といえば「堕落論」というくらいに有名なエッセイ集である。「堕落論」以外にも「日本文化私観」など有名なエッセイも含まれている。個人的には坂口安吾の芸術論・美学論が興味深かった。ちゃんと整備された桂離宮のような美よりも、無造作に鉄筋が張り巡らされた造船の方に坂口安吾は美を感じるという。無造作だが「無駄のない」ところに美を感じ、小説や文学における美にも同様の考えを示す。その思考は、他の作家とも通じるところもあるが、一方で坂口安吾特有の視点もあり、興味深い内容がつまった作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本人間失格 改版

2017/03/30 10:41

太宰治の代表作の一つです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いけい - この投稿者のレビュー一覧を見る

『はしがき』・『第一の手記』・『第二の手記』・『第三の手記』・『あとがき』で構成されています。
読んでいて辛くなるのですが、ついつい その世界に引き込まれ、いつも一気に読んでしまいます。
特に『あとがき』の「だめね、人間も、ああなっては、もう駄目ね」の文章が心に突き刺さります。

太宰って どんな人だったのだろう…と思いを馳せ、恋心に近い感情を抱いた女性も多いのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本D坂の殺人事件

2016/04/23 18:02

名作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マー君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりに読み返してみたが、いつ読んでも名作。
中でも地獄の道化師は秀作。心理試験もよい。
帯に、僕は人間を研究しているんですよ、とあるようにトリックよりも人の心理を用いた推理小説。
個人的にはD坂はどうかなと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本武蔵野 改版

2016/04/21 19:53

散歩のすすめ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近、アニメの影響で古典作品が新装版になったようで、つい買ってみました。

まだ表題作しか読んでいませんが、自然の描写が驚くほど丁寧でした。木の葉、木々、細道、風を愛でる文章が淡々と続きます。読むだけであてもなく散歩したくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本人間失格 改版

2018/08/08 21:49

定番作品だが。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つきたまご - この投稿者のレビュー一覧を見る

ド定番なのに、ちゃんとは読んでいなかったと思い、読みました。
「人間失格」と「桜桃」の2つの話が入っている本でしたが、ボリュームもそこまで多くなく、堅苦しい書き方の文章が苦手ではない人なら、一晩で読み切れるかと思います。
「人間失格」は、他人から見た自分が気になって、怖くて怖くてたまらないという、誰でも持ったことのある感覚を書いていて、共感できる部分はありました。しかし、私なんかが読むと、かなりイライラさせられる部分がありました。(未読の方はクリアーな状態で読んだ方が良いかと思うので、詳しい話は控えますが。。。)
そこからの「桜桃」で、完全に怒りそうになってしまいました。おそらく、私が女性だからというのもあるのでしょうが。。。
人生に悩んでいる友人がいたら勧めたい本ではあったかもしれませんが、私の中の好きな本にはなりませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本堕落論 改版

2016/12/17 15:42

騙された…

8人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yu - この投稿者のレビュー一覧を見る

前から欲しいと思っていたのですが、書店に置いてあるものはすべて表紙がアニメのャラのイラストで、普通のものが欲しいと思っていました。それで通販の方で検索してみると、水玉模様のようなシンプルな表紙のものがヒットし、探していたものがようやく買える、と購入しました。しかし、いざ届いて開けてみると出てきたのは写真とは異なり、アニメキャラの表紙の方でした。早く読みたいと思っていた本だけあってとてもショックでした。
本の内容の感想でなくて申し訳ないのですが、自分と似たようなことを思っている人の参考になればと思い書いてみました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

15 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。