サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

トウェイン完訳コレクション みんなのレビュー

  • 著者:マーク・トウェイン, 訳者:大久保 博
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本ハックルベリ・フィンの冒険

2019/01/27 19:29

是非読んでほしい作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

南北戦争が始まったのが、1861。彼がこの作品を発表したのが1885年、そしてミズーリ州セントピーターズバーグでハックルベリーやとトムソーヤが過ごした時代が1940年ごろ。ということは、まだ南北戦争も始まっていないし、だからもちろん奴隷も解放されていない。黒人奴隷のジムの逃亡に手を貸すこととなってしまったハックの良心への呵責が物語の大きなテーマになっている。ジムを黒んぼとしてではなく、一人の友人として意識し始めるハックにこの物語の芯があるのだが、本国アメリカでは、「ニガー」という言葉はけしからん、黒人を馬鹿にする表現が多すぎると批判されることがあるらしい。この作品の当時、これだけ黒人と白人の融和をきちんと描くことができた作品は他にあるのだろうか

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本人間とは何か

2017/10/27 23:08

目からウロコ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まきの - この投稿者のレビュー一覧を見る

出来れば、小学生くらいに読みたかったと思いました。

こう生きた方がいい、ああやって生きた方がいい。そして、自分はこの道を選んでしまう。

さまざまな選択肢や、人生の道が投げかけられる世の中で、いろんなノイズを間に受けて悩んでしまうだろうと思います。
しかし、この本は答えを出してくれます。

人間は、自分の内なる欲求を満たすためだけに、道を選択するのだということを。

何かを選んだ後に、後悔しなくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

河を超えた友情

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

人種差別の激しい19世紀アメリカ南部の風景が印象的でした。お互いの違いを乗り越えて、心を通わせていくふたりの少年の姿が感動的でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本人間とは何か

2018/03/05 02:27

人間とは崇高なもんではない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:J・P・フリーマン - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間がすばらしいというのは幻想だと、真っ向から主張している本。すべての人間は自身の満足感を得るために行動している。他人への慈愛や、自己犠牲の場合でも、それは例外ではない。要するに「自分が苦しい思いをしてまでも、人を助けてる自分ってかっこいい」という具合に自分に酔いたいから、人助けをするんだってことですね。人間は他の動物と本質は同じだという、キリスト教の教えを否定する場面もあるので、刊行された当時はかなり物議があったのではないでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本人間とは何か

2017/08/17 13:59

ジジイと仔羊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

生来の気質と習得した信条によって人間は成り立っており、オリジナルなものや考え方など産み出し得ない、ということを創造主としての神を信じる老人(著者)が説き伏せようとしている。元も子もないと切って捨てられない余韻が残る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍でこの価格はお買い得

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りー - この投稿者のレビュー一覧を見る

児童ブンガクのマスターピースでありながら本気で読んだことのある人は意外と少ないという一冊。いつでも手に取れるが故に後回しにしがちなのでここらでと思って電子で手に取ったけれど、こういう不朽の作品こそ電子で読むのがお得なのかなと感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。