サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

レッドデータガール みんなのレビュー

  • 著者:荻原 規子, イラスト:酒井 駒子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー40件

みんなの評価4.4

評価内訳

40 件中 1 件~ 15 件を表示

序章

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夜メガネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

全体からみれば、一巻は序章なのだが欠かせない設定がとても多いので、
飛ばし読み厳禁の巻ともいえる。
 荻原さんの作品を読んだ事がある方なら、分量が少ない・ペースが遅いと感じると思う。 
けれどもそこは良作ぞろいの国内YAの草分け、「銀のさじ」シリーズなだけはある。
これから、児童書と小説の間の年代を過ごす感受性MAXの年頃に向けて作られていると
前置きすれば大方の人は納得がいくのではないだろうか。
これは、読書が苦手・なぜか良作にめぐり合う確立が低い人にも向いている。

7月末、文庫でなにか読みやすいものはないかと聞かれた際にこちらを勧めた。
正直、読了できたらそれで◎だなというくらい読書が苦手な人である。
お盆明けに、読み終わって2巻を持って歩いていると聞いた。
(夢中になった証として、深行の父・雪政への疑念がすごいようだ。)

RDGの魅力として、「勾玉」のように実在する日本の各所が舞台であり、
各地の伝承・民話・風俗がふんだんに生かされている点は欠かせない。
この先にも期待できる部分だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

『RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴』

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:百書繚乱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2013年1月に6巻で“完結”した超人気ファンタジー『RDG』
5年ぶりの新作は短編3つと中編で構成されたぜいたくな1冊

本書タイトルでもある中編「氷の靴 ガラスの靴」は、電子マガジン「小説屋Sari-sari」に連載された、「チーム姫神」結成後を描いたスピンオフ作品

泉水子と深行の関係を不安に思った真響に、戸隠一族の思惑がからみ、不穏な空気がただようなか2泊3日のスケート教室が開催される

ほかに深行の中学時代を描いた2編など

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

観念して買った

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nor - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初に読んでからラストに至るまでに何度となく図書館で借りて読み返し、気づけば5回・・・。もう買うしかないなと観念して購入。一生ものの一冊(6冊)!!

 大好きすぎて、アニメ版もみて岸田メルさんの絵もとってもかわいいけど、幼さ、背伸び、清涼感この表紙絵はもうはまりすぎ・・・!すきだーーー!!

 中学生のいずみことみゆきが出会うことで生まれていく未来。気の合わない二人だけど、共に過ごすうちにお互いを知り距離を縮めていく。

 小学生から大人まで、ピュアな心をくすぐられる物語。私が一番大好きなファンタジー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

姫神

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nor - この投稿者のレビュー一覧を見る

姫神のことを考えるとせつない。長い長い時の中で、何を思い何を忘れそれでも叶えたい願いを胸に時をさまよう彼女。和宮の言葉が胸に迫る。

 アニメ版の夜の城跡シーンの姫神の色っぽい表情も好き。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

続きを書いてほしい!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nor - この投稿者のレビュー一覧を見る

荻原さんの作品の中で一番好きな物語。図書館で貸りて5回読み直した後、全刊そろえて買った。

 等身大のみゆき君の心情が読んでいて楽しく、ラストはみゆき君の表情にニヤリ。

 壮大なテーマがどこに落ち着くのかこの刊で決着つくのか?と感じていたが、自分の未来に前向きに生きていこうと希望を持ち、将来を思い描けずにいたいずみこの細やかな心の変化が最後まで楽しめた。

 もっと、続きが読みたい。日本から出た世界観でのこの作品も読んでみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

泉水子、実家を離れて寮暮らしスタート。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夜メガネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

鳳城学園進学と共に、学園寮での新生活が始まる巻。

この巻から登場となる泉水子のルームメイト・真響(まゆら)ちゃんは、
シリーズの中でも好きな女子キャラです。
(少し漫画っぽくもあり、恩田陸作品・学園ものに出てくる美少女キャラとも共通する印象が。)

メガネ外すと実はかわいい/きっと三つ編みをといたらもっと可愛い…、と古典的かつ、
現代でも絶賛生かされている泉水子の『萌え』ポイントが真響ちゃんを借りてテンポ良く
披露されている点も甘酸っぱく可愛い。
(学生じゃなくなってしばらく経っているからこそ、よけいに可愛く見えるかも…!?)

個人的には学園のハイソな雰囲気の割りに、寮は質素な方だと思いました。
二段ベッド+カーテンは相部屋寮生のお約束! 改めて、順応性のある若いうちに
共同生活はしておくものだなと自分の体験を思い返したり。

一巻ではペースをつかめなかった場合でも、ここから加速していく感触があります。
新生活前後にもお薦めの一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最終巻

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夜メガネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

単行で読んでいると、前巻から間が空くほど世界に入りにくい。そして、忘れている部分も出てきます。
RDGについていえば、夏合宿の時の云々以外はそれほど思い出すのに苦労した覚えがないような。

1巻から読んで、気に入ったら次巻購入と自分のペースで読めるシリーズ。
正直、こういうのが学生時代にあったら…! そう思わずにはいられなかったです。
荻原さんの現代的な文章への新しい魅力が光っている本シリーズ。
終わり方に今までの荻原作品にはみられなかった優しさがみられて、とても良い読後感でした。
『楽しみに読んでいって損のないシリーズ!』と推せます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

シリーズ最高潮の盛り上がり!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夜メガネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

荻原さんの本に出会って、数年。
「勾玉」シリーズも読破し、この作家さんから心離れつつある頃でした。
RDGは1巻から発売を心待ちにしていたシリーズで、表紙は酒井 駒子さん。
久々に読書魂に火がつきました。(文庫版にも表紙が引きつがれていて嬉しい!)

単行発売の情報が入った時点で、図書館の予約人数は二桁になろうかという人気。
他巻も十分な考証がなされているのですが、この巻は手元に置きたいほどの情報量だったため文庫版を購入しました。
毎度ながらサブカルと歴史が融合した引き出しの大きさに感服です。

荻原さんの今までの作品を読んでいると、言葉の易しさにターゲット層がよくわかるのですが、Y・A分野を大人になってから開拓した私からいえば、高校生以上の方が楽しめる要素が多いように思います。
正しい文体で、質の良い作品を易しい文章で読みたい大人にも十分にお勧めできます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

のめりこむ、再び

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こぶたろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

泉水子、ついに外の世界へ!

現実離れした世界だけれど、それが”現実”。
小さな覚悟を決めつつ、ナイーブにも一つづつ感じながらこなしてゆく姿が微笑ましい。
日本古来の様々な様式の造詣の深さにも感心させられるし勉強になる。

次を読むのが待ち遠しい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

他の視点

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

あ~やっぱり本編はあれで完結だったんだなぁ。
深行視点での三編の短編と、真響視点での一編の中編です。
「泉水子」を外側から見てるのは新鮮な感覚ですが、それだけに残念ながら「彼女」は登場しません。
結末は読者の想像力で、なんて言わないで、もうちょっと読みたいんですけど、だめですか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

買ってよかった!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あたりめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本編は紙のハードカバーで購入していたのですが、置く場所がなくなり泣く泣く手放したので、こちらは電子書籍で購入してみました。多少違和感はあるものの、これで手放さなくていいと思うと嬉しいです。
収録作はどれも読んだ甲斐があると思わせるものでした。特に後日談の表題作は必読。本編を読んだ人なら読む価値大です。
チーム姫神が今後どうなっていくのか、まだまだ物語は続きそうなのでぜひ続編を読んでみたいけど、キリがないからこの辺で終わりがいいのかな〜でも読みたくなる一ファンです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ピカピカの一年生

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nor - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校生になったいずみこが緊張したり、少し離れていたみゆき君との距離感に戸惑ったりする姿に懐かしいような感覚を覚えた。

 みゆき君の鳴弦シーンがかっこいい~。

 ますみ君のびんたシーン、小説ではなにも思わなかったけど、アニメのシーンではなんかわらえた・・・。なんだろう、あの残念な感じ(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

戸隠編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nor - この投稿者のレビュー一覧を見る

この刊からのまゆらさんが個人的に好きじゃない。上に立つもの的な下を見下ろす目線?文章表現っておもしろい、すごいなと感じる。

 三つ子の秘密に迫り、いずみこの力もどんどん覚醒していくようなわくわくの展開に一気に読み進めた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

表紙が好き

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nor - この投稿者のレビュー一覧を見る

いずみこの殻がはじけて、ぼんやりと、それでいてすっきりとしたような気持ちにさせる表紙の絵が見事にこの刊の後味を感じさせる。

 学園祭の出し物として戦国学園祭を提案されたら私はかなりいやだけど、なぜこの学園の子たちはすんなり受け入れるのか!?とずれたことを考えながら読んだ。

 追いつめられたいずみこを助けに向かうみゆきの姿にわくわくしつつ、最後のいずみこの天女を思わせるような描写にうっとり。

 もっともっと読みたい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

やっぱり荻原作品は最高!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:師走 - この投稿者のレビュー一覧を見る

手元にはずっとあったんですが、全巻通して読みたいと思っていたらこんなに後になってしまいました・・・

前巻の終わりであわわわと思いましたが、
泉水子にとって深行の存在の大きさに改めて心があったかくなりました♪

好きな場面を挙げるときりがないのですが・・・
深行がいないと・・・とかパーティーの最後の方とか、紫子との時間とか。
でも最後ばかり浮かんで、もう・・・・・・二人ともかわいい!!


なんか表面的なことばかりですが、まだ興奮冷めやらずなのでご容赦を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

40 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。