サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

新ロードス島戦記 みんなのレビュー

  • 著者:水野 良, イラスト:美樹本 晴彦
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
14 件中 1 件~ 14 件を表示

最高j!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 とうとうスパークに自分の前世が「亡者の女王」ナニールだということをはなしてしまったニース。スパークも驚きはするがニースへの気持ちは変わらない。むしろ話したことによってお互いの気持ちが深まったと思う。スパークも剣の腕をあげてますますかっこいい。絵もキャラのイメージにあってるのに表紙のニースがとっても変。それを差し引いても中身のすばらしさは変わりません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

冗談ぬきでおもしろいです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:パーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 マーモ島の闇を打ち払うために若き騎士スパークはマーモ公王に即位した。彼の前には数多くの困難が立ちはだかります。スパークがどのようにこの危機を仲間と共に切り抜けていくのかがみものです。私はどちらかというと前の主人公であるパーンとディードリット中心の話が好きなのですがスパークのまっすぐな性格には正直惹かれます。彼がどのようにこの島を変えていくのかが楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

面白いの一言に尽きます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藍桐 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 1巻目でマーモ公国に巣食う魔物を静めた公王のスパーク。だが、受難は続く。マーモの貧しさに、ロードス全土の国々のマーモへ向けられている視線。それに何より、自分が属している王国、フレイム内部の権力争い。
 そんな中でスパークには新たな心配事が持ち上がる。それは、最近になって好意を意識し始めた聖少女ニースに関することだった。

 マーモという国を治める一方で、世界の存亡を左右するニースという少女の運命を知る主人公スパーク。本国の王、カシューに憧れ、自由騎士パーンに憧れ、自分の未熟さを思い知らされながらも自分というものを見失わないそのスパークが魅力的。ニースとの恋愛という言葉では片付けられないような深い絆やマーモ帝国を再興しようという反乱軍の存在など、この先も目が離せそうにない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

新たなロードスの歴史が、いよいよ本格的に動き始めた。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カルバドス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 遅筆の作家には、やきもきさせられる。もしかしたらアイデアが浮かばずに打ち切りではとか、物語を進める意欲が薄れてしまったのではとか、あれやこれや心配してしまう。これまでに何度も「続きはどうした!?」という作品に出会っているだけに、この心配性は治らない。
 本書の主人公・スパークが活躍する前の『ロードス島戦記』からのファンである。『クリスタニア』にも影響を与えることになるストーリーは、『ロードス島伝説』も絡めるとなんとも壮大で、果てることなく続くように思えてしまう。スパークが勇者・パーンから主役の座を受け継いで4巻目。ようやく板に付いたようだ。
 本書は、起承転結で言えば“転のきっかけ”のようなポジション。次々と投げかけられる問題が、やがて来るであろう大波を予感させる。マーモ島の今後もさることながら、最も興味を惹かれるのはスパークを中心とする男女関係。あとがきで作者も言っているが、“優しい”スパークがどう決着を付けるのか見物だ。
 それにしても待たされた。掲載誌を読んでいないので、尚更長く感じる。これからが、クライマックスへ向けての盛り上がり。前の巻の読み返しでテンションが下がらぬよう、作者には頑張ってもらいたいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

挿絵が変わっただけなのに

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エリック@ - この投稿者のレビュー一覧を見る

新装版がやたらと頻発する水野氏の小説だが、今回の新装版ははっきり言って「当たり」だ。

出渕裕の挿絵こそ真のロードス島戦記という認識でいた評者であったので、最近の新装版挿絵・美樹本晴彦は邪道である、という頑なな認識を持ってさえいた。

しかし、新ロードス島戦記の挿絵が挿し変わって行くにつれ、「美樹本でもいいんじゃないのか?」という気持ちが芽生え始めた。確かによくみると、とても美しいイラストであるし、美樹本晴彦自身、ロードスに対する思い入れが特に強かったということもあり、魂のこもったキャラクターが新装版に登場している。

それを発見した瞬間、評者のそれまで持っていた認識は、一気に吹き飛んだ。

今回の本は特に、ロードス島戦記の悲劇のヒロイン・炎の部族のナルディアが主役なので、ファンも数多くいることだろう。この新装版はそれら、多くのファンを納得させるだけの雰囲気を携えていると断言できる。

内容は勿論、旧版と変化こそないが、唯一の変化である挿絵がとても大きい影響を与えているということを改めて強調したい。

たかが挿絵と考えるなかれ。これまでの「取りあえず」の新装版とは違い、今回の新装版は、ロードス島戦記に新たな息吹となるだろう。それくらいに衝撃的だ。

この文で、評者の受けた衝撃が僅かでも伝わるならば、うれしいが…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

長い物語の終焉

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

新ロードスの完結というかロードス島戦記シリーズの完結編という感じ
ストーリーは淡々としていてあまり盛り上がりませんが、強い意志で運命を打ち破るのでなく、ただ好きという気持ちだけで乗り越えてしまうというのがある意味すごいですね
また若いスパークやニースのフォローをパーンやスレイン達が深い愛情を持ってこなしていくのも長く続いた物語ならではでしょう

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

熱を感じなかった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

闇も受け容れて生きていこうという終着点はとても良いと思った。ただ、ストーリーが盛り上がらなかったし登場人物たちに人間らしい熱を感じなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

スパークが主人公の新シリーズ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編集仕立てになっていて魔獣使いの女性など新シリーズで重要な役どころを担うだろうキャラクターが出てくる。
ナルディアさん、スパークくんの不幸体質はこの人から引き継がれたんじゃないかと思うぐらい不幸だなw

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

公王になったスパーク

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

邪神戦争後のマーモで公王になったスパークの物語。
マーモ帝国復活を企む集団や部族間の対立など、スパークには荷が重過ぎるんじゃないかという問題が山積みで、読んでるこっちがハラハラしますねw

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

新しい仲間

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

マーモを立て直すために東奔西走するスパーク君。
新しい仲間も増えて少しずついい方向へ向かっている感じ。
お気に入りはカシューとの会話シーン。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

邪竜ナースとの戦い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

シーリスやフォースといった昔のキャラクターが登場したのは嬉しいな。
お気に入りはオルフェスを倒すシーン。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

古代王国の魔術船と対決

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ページ数は少ないけどネータの反乱やパーンやディードの登場など、見どころ満載でよかった。
新生マーモ帝国が崩壊したのも知らずに頑張るヴェイルが哀れ。
このまま退場しないで共闘してくれるといいんだけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

カーディス教徒との対決

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

なにげに気に入っていたヴェイルやファラリスの闇司祭と共闘するあたりが面白い。
三角関係はあっさり解決しすぎな気がする。
ニースの事情が深刻すぎるからしょうがないけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

完結篇

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

マーモの闇を背負いながら立派な王となったスパーク君。
でもベルドのコスプレは正直どうかと思うな。
思慮深くなったパーンや老人になったウッドを見ると年月が経ったんだなと実感。
この新シリーズでは王としての苦しみをよく描けていたと思う

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

14 件中 1 件~ 14 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。